ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

ひさしぶりの帰省


仙台空港からレンタカーで移動し、岩手に着く頃にはだいぶ陽が傾いていました。
d0155148_15154715.jpg
夕陽の残る和賀川を見た瞬間、ちょっとうるっときました。

やっぱり岩手の自然は雄大で美しい。

ここで暮らした経験は宝物です。
[PR]
# by hinabitanabihi | 2015-10-06 19:00 | そして

追記メモ


移住先で、ふと、マルカン大食堂の「カツカレー」を思い出し、それっぽいお店に入ってみたけれど、やはり似て非なるものでした…。

そこで、検索をかけてみると公式HPがあったので、追記しておきます。

マルカン大食堂

移住すると、あたりまえだった事が、当たり前ではないことに気付きます。
そういう事に気付けることは、良い事だと思います。

あっ、増税に伴い、ソフトクリームが10円値上がっていました。
それでも150円!

マルカン最高!!
[PR]
# by hinabitanabihi | 2014-08-03 21:09 | 日々

その後…


こっそりと始めました。

その後の記録はこちらから→「天井を抜いてみた」
[PR]
# by hinabitanabihi | 2013-09-11 09:08 | そして

時間ですよ


そろそろ旅立ちの時間です。

お気に入りの北東北の風景と、ごくごく日常を綴った私的なブログを見に来て下さった方には、本当にありがとうございました。
d0155148_212195.jpg
『さよならでコニャニャチハ』とは、大好きな赤塚不二夫氏、元祖天才バカボンの最終話のタイトル。
大好きな言葉なのです。

最後はこのことばで〆たいと思います。

『ありがとう、さよならでコニャニャチハ!』
d0155148_2193069.jpg
2013,06,08
[PR]
# by hinabitanabihi | 2013-06-08 21:09 | 日々

走馬灯のように


急げば5月に引っ越しが出来たのに、どうしても行きたい場所があり、ここまで長引いてしまいました。

それは夏しか行けない『温泉』…。
笑われても、理解されなくても、我が家にとってはとても大切なものなのです。
楽しいときも、つらい時も、温泉がありました。

多くの温泉の中でも、ここは行きたい!と思う温泉が6月からとなれば、「もう少し待ってから引っ越しを…」という気持ちにもなるものです。

そこで、『夏限定の温泉の〆』に向ったのです。
d0155148_20111922.jpg
しかし、思うようには行かないのが人生。

入り口へ到着すると、看板がありません。

そして悲しいかな、今年の大雪でダメージを受けた建物が目に入りました。
張り紙には6月の中旬と書いてありましたが、この様子ではもうしばらく時間が必要かも…。

残念ですが、あのような姿を見てしまっては仕方ありません。
時間が掛かっても営業を再開してくれれば…。
ファンとしては、祈るような気持ちです。

その温泉は八幡平のアスピーテライン沿いからすぐのところにあるので、気持ちを切り換えて、もうひとつの目的地、玉川温泉へ。

玉川温泉の泉質は希少です。
最後になるかも知れないと思い、のんびりしてきました。


何度も通った八幡平の樹海ラインや、アスピーテライン。

例年なら残雪も少なくなっているところですが、今年は随分と雪が残っています。
気温も随分低くなったかと思えば、朝は車に暖房を、昼は冷房、午後は送風〜暖房といったように、一日のなかで大きく変動します。

天気も晴れのち曇りのち雨のち曇り…(笑)
山の天気です。

クマに会えるかな?という微かな希望も、これではまだまだ無理だな…と、諦めモードでした。

しかしながら、コロコロ変わる天気と温度に、1年間の出来事が走馬灯のように甦り、妙に納得するドライブとなったのでした。
d0155148_20352654.jpg
※6:00a.m.定点観測
d0155148_20361940.jpg
※7:00a.m.今年は雪が多かった
d0155148_20385034.jpg
7:20a.m.松尾八幡平より秋田方面
d0155148_20393386.jpg
11:00a.m.玉川温泉後、大沼で休憩
d0155148_20405977.jpg
14:00下山

このような残雪の多い八幡平は初めてでした。
自然に「いつもの」という考え方は当てはまらないのでしょうが、少しでも穏やかであるといいな…と、思わずにはいられないのでした。

「またいつか…」こころの中で、お別れしました。
[PR]
# by hinabitanabihi | 2013-06-07 20:52 | 風景
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite