ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

距 離


毎週1回は必ず入りに行く台温泉の温泉旅館があって、泉質も去ることながら、柔和なおばあちゃんと、もの静かな娘さんのもてなしが心地よく、どの温泉旅館よりも居心地が良いのです。
d0155148_21363433.jpg
本当に毎週伺うので、すっかり顔も憶えていただき、帰りがけにはいつもの『温泉卵』以外にも、お野菜をいただく機会も増えてきました。
(写真はいただいたホウレン草を茹でたものです)

あぁ、なんだか嬉しいな…と、思った矢先に
「どこから来たの?」と、おばあちゃんに尋ねられました。
「○○町です」と答えると、「言葉が違うねぇ…」と…。

よく言われることなのですが、悲しいかな、その言葉が出た瞬間、
さっきまで近く感じていたのに『よそ者なんだな…』と輪に入れない寂しさを感じてしまいます。

そんな時は「お嫁さんに来ました。よろしくお願いします。」と答えることにしています。
なるべくいつも通りに、気持ちを込めて。
言葉が違ってもきっと伝わるさ…と、開き直って(笑:おばあちゃんもニッコリ微笑みます)

古くからの土地に受け入れてもらうのって大変だ…と、思います。
でも、人生に課題はあればあるほどいいのかな?なんて…。
d0155148_2205220.jpg
こどもの時から標準語を話すように躾けられ、標準語を使うことは正しい事だと思っていましたが、
最近は『郷に入れば郷に従え』的な柔軟さが必要だと感じるようになりました。

自然に、自分らしく…。

※台温泉も新芽がワシワシと芽吹いて、一週間経つとまた全然違う表情になります。
 陽もずいぶん長くなりましたね…。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-03 22:28 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite