ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

サイクリング


薄曇りの朝にがっかりしながらも、午前中は自転車でお出掛けすることにしました。

タイヤに空気を入れているとやって来たのはお隣のワンコ『コタロー』。
(人間の年齢にして80〜90歳の高齢犬でありながら、トロ様系フェロモンオヤジ犬なのです;苦笑)
d0155148_21233066.jpg
今日はめずらしく写真を撮らせてくれました。会うのは震災以来ですが元気で何より。
うるさくたって、君の吠声が聞こえないとやっぱりさみしいからね。

いざ!出発。ブルブルと寒さにふるえながらもペダルを漕ぎます。
冬着ならば暖かく感じる気温でも、多少寒くたって春の装いで出掛けたいのがこの季節の心理というもので、へっちゃらな顔をしながら無理してしまいます。(ふるえてるのにね;苦笑)
d0155148_2132537.jpg
大好きな土手は春の野草でふんわり染まって、ちょっぴりメルヘン…かしら?

野草の絨毯が広がる野原を抜けながら、なんとなく自己嫌悪に陥りながらも目指したのは『墓地』です。
どうしても昨日のモリーユ茸を諦めきれずに夫も巻き込んで再度訪問してしまいました。
こんな時にさりげなく「いいよ」と、つき合ってくれるのが本当に嬉しく、お陰でトリュフを探すブタちゃんのように、夢中でモリーユを探すことができました。
d0155148_21394534.jpg
結果、夫の協力もあり大収穫なのです。
義母さんやその仲間達が仕込んでおいてくれたのかしら?恵みに感謝なのです。
上手に乾燥させないと!ですね。

ひとつ目標を達成した安堵感でおなかペコペコ♪桜の木の下でお弁当を食べました。
d0155148_2151172.jpg
唯一、曇り空が残念ですが、新芽にけむる景色を眺めながらのご飯は美味しかったです。
旦那さんの食べる速度が「味わっているのか」不安だったりするけれど、こうやって過ごせる事が重要なので小言は控えめにしました(笑)。
d0155148_215642.jpg
散る前に、思いっきり太陽を浴びさせてあげたいな…。晴れないかなっ。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-30 22:30 | 風景

春の味覚


今日からゴールデンウィークが始まりましたね。
我が家では、特にこれをやろう!と綿密に計画を練るよりも、不安定な空模様に併せて漠然とやりたかった事を消化していくお休みになりそうです。
どうなることやら…。

そんな第一日目に早速素敵な発見が!
d0155148_2282370.jpg
わかりますか?この茶色いモノ…(涎)

実は午前中にお墓参りに行って来たのですが、そこで見つけたのです。
森の中に佇む墓地には、唐松やヒマヤラ杉の大木が生い茂っていて、まるでヨーロッパのような雰囲気で、今は事情があってそれらの樹々は伐採されてしまったのですが、野生のビオラや、ムスカリなど、今も野草はその面影を残す、大好きな場所なのです。
そんな場所の隅っこで見つけただけに、妙に納得しながらも、あの高級食材が?と不意をつかれ…。

「モッ、モリーユだよう〜〜ッ」と、墓地じゅうに響き渡るような大声を上げてしまいました(爆)

夫はそう言われてもあまりピンときていなかったみたい(笑)
d0155148_22242197.jpg
でもわたし自身、生えているモリーユを見るのは初めてで半信半疑。
間違いないか検証するために、お墓の掃除を一時中断して(ゴメンナサイ)写メを…。

頭の中には牛肉と生クリームと乾燥したモリーユの味と香りが一杯に広がる一方、よ〜く似た猛毒キノコだったらどうしようと、知識がない為によぎる不安で、葛藤していました。
d0155148_22304870.jpg
とりあえず未練タラタラながらも収穫するのを諦め、本来のあるべき墓参りの姿に戻ったわけですが、帰って調べるとやっぱりモリーユなのでした。

どうしよう、明日にでも穫りに行くべきかしら?
でも、お墓のナカでそんなわたしの姿を見て頭を抱える義母の姿も見えるようで…。
あぁっ、こんな自分が…なんというか、情けない(苦笑)
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-29 23:11 | 風景

クスクスとヤムヤム


震災で停電になり、食料難になってしまった時、意外と役立ったのがこちら。
↓はいっ、COUSCOUSです。
d0155148_1955557.jpg
お米はガスでも炊けますが、実はこのとき、我が家のお米は僅かしか残っておらず…(汗)
正直、冷や汗ものでした。
パンも買いだめや品薄でなかなか手に入らない中、夫が我が家のCOUSCOUSに気付いたのです。
あまりにも自然にストック棚にあり、ほとんど飾りのようになっていた為、見過ごしていましたが、クスクスを切り口に食材を見渡すとトマトの缶詰やヒヨコ豆など、エスニック食材が揃っていて助かりました。
本当、COUSCOUS様々です。

ところで地震の3日ほど前、何故かジャンクなものもたまには食べてみたい!と、結婚して初めて買った即席ラーメン…。(虫の知らせ?否〜、たまたまでしょうね)
d0155148_20174932.jpg
その名も『yumyum』(爆)かなりジャンクです。
これもある意味パンチが効いてて、食べた感がありました。
5食入りですが、一食に対し粉末スープ半分で充分過ぎるほどの塩分(思い出しただけでも喉が渇く)

他にはストックのパッタイなど、何故かエスニック尽くしの食事でした。
でもCOUSCOUSは保存が効くし、手軽で腹が膨れるので、あって助かったと思います。

今は進んで食べたいと思わないyumyumですが、まだ余震に注意が必要なので買い足してみました。
これを開封しないで済む事を祈るばかりです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-27 20:36 | 日々

こぶしの花

八戸(←青森県沿岸部)で桜が三分咲き〜五分咲きだというのに、岩手県の内陸部はまだ蕾みの桜。
稀にポツっと咲いているのを見るけれど、咲いたとは言えないのです。

そんな肌寒いなか、桜が咲き出す前に花ひらくのが北国では『こぶし』なのです。
天然の『こぶし』が野山のあちらこちらで咲き
街路樹が『こぶし』だったりすると、幽玄というか仏教的というか、一瞬時が止まるような感じです。
d0155148_1743939.jpg
実はその風景をはじめて見たとき『こぶし』はお気に入りの花・樹木の上位にランキングしました。
けれど数年前にこの花が咲き誇るなか、義母が天へ旅立ってしまい、以来、素直に愛でる事が出来なくなってしまいました。
d0155148_17182776.jpg
でも時間というのは不思議で、その悲しい出来事も含めて美しいと思える時がやって来るようで、今は奥行きをもって、この花を愛でる事が出来るようになりました。

知らず知らず、物事は消化されていくものなんですね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-25 17:34 | 風景

人のこころ


人ってあったかいな…と、思うこの頃。
d0155148_14464762.jpg
先日、Mopsoiさんのチャリティーピンバッチが届きました。
どんぐりちゃんのピンバッチ、誰かの助けになって、気持ちが込められていて、身につけるとひとりじゃない気がして、コロンとした存在に癒されます。

世界の国々、企業、グループ、そして個人…。緊急時に支え合える関係は涙がでるほど温かく素敵ですね。
その一方で『被災地から避難した人達の一部がいじめや差別に遭っている』というニュースは、福島出身のわたしにとって、我が身のことのようにつらく、悲しい涙がでます。
放射能漏れは身体に害があるだけでなく、社会生活にも影響を及ぼすものだと学びました。
過酷な状況にある人達が、どうかこれ以上傷つかないように祈るばかりです。
d0155148_1524234.jpg
地震後芽吹き出した豆苗はどんどん成長しています。
このまま花が咲いて実をつけたりするのかな?

実をつけるまでに少しでも状況が良くなっているといいですね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-23 16:11 | 風景

幸せ?な筋肉痛


日曜からジムを再開しました。
いつも行くジムは地震で設備に被害が出てしまったため、隣町の総合体育館へ行きました。
d0155148_17471340.jpg
身体を伸ばすと気持ちまで軽くなって良いですね。
ひと通りマシントレーニングをしてから今回はウォーキングではなく、ランニングコースを珍しく疾走!昔のようには走れなくても、風をきって走るって最高でした!なんだか子どもの頃を思い出します。
しかし…、月曜日からスネが!痛くて…普通に歩けません(苦笑)

短距離走者だったのは遠い昔、でも何故スネの筋肉なんだろう?!可笑しくて歩く度に笑ってしまいます。
それでも筋肉痛ですら幸せな事なんだって、ギクシャク歩きながら苦笑して、変な事になってます。
う〜〜っ、痛い。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-21 18:17 | 日々

晴れた日曜日


土曜日がお仕事だった夫、お休みは日曜日のたったの1日…。

でも田舎に来て朝型生活に変わった事もあり、1日が長い長い。
この日も朝の6時から地区の一斉清掃でひと仕事。
d0155148_17363963.jpg
お天気も良いので、お昼はお弁当をもって大好きな場所へ。
風は冷たいけれど、陽射しは暖かく、少しずつ新芽も出始めました。
この感じ!北東北の春の到来です!!
d0155148_17384277.jpg
ふふふっ!おはぎです。(お気に入りのお店のモノです)
糖分と塩分のバランスが申し分なくあずきもホクッ!日曜日のふたりのお楽しみ。
震災以来お店に並ばなくなり、久しぶりの復活でほっぺた緩みっぱなしです…いただきま〜す。
d0155148_17451324.jpg
食後は車中泊の要領で横になります。(あ〜っ極楽、太っちゃいますね)
油断して薄着だったため、この後あまり外に出られませんでした。
でも、冬服のこの方↓は元気!
d0155148_17494352.jpg
「落ちますから!!」とか言いながら羨ましい…。

久しぶりの以前と全く変わらない休日。
d0155148_175229100.jpg
実はすごく幸せなことだったんだなって思います。

こうやっていると、まるであの時の事が嘘のように思えて来ます。
d0155148_1754293.jpg
地面には震災で出来た地盤沈下の地割れ跡。(←まだ軽症な方ですね)
気持ちの調整を上手にしないといけないな…って、思います。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-18 18:09 | 風景

入 門

タイル、貼りました。
と言っても貼ったのは私ではなく、かと言って夫でもなく、場所も『おじいさんの家』ではありません。
d0155148_19275160.jpg
実は現在住んでいる借家のお風呂場のタイルなのです。

震災で、地盤の緩い地域にあった我が家のお風呂場にひびが入ってしまったのです。
大きなひび割れではありませんでしたが、床下に水が滲みないように直していただくことになりました。
もともとコロコロしたタイルが可愛いお風呂でしたが、貼られたのは何とも『昭和レトロ』…、
いまだに、こういうタイルが残っている事に驚き、そういうのがアリな業者さん…多いのよね。

そんな訳で朝から工事となりましたが、それならタイルの貼り方をマスターしよう!とワクワク待っていると、トラックから降りて来た職人さんはシャイなおじいさん1人だけ。
ウロウロするとやり難くそうな、いかにも東北の寡黙で優しいおじいさんだったので、予定変更!
なるべく集中出来る環境を整える事にしました。

覗くのは、10時のコーヒータイムと15時のお茶出しの時だけ。
ひっそり黙々と作業する後ろ姿は
東京で仕事をしていた時にお世話になった多くの職人さんを思い出します。
考えて見れば東京で出会った職人さんには東北出身の人が多かったな…。
(元気かな…会いたいな〜っ)
なつかしさにキュンとなりながらも、工事の過程はしっかりチェック!手際もいい職人さんでした。
水勾配もバッチリですね。

結局、経過を写真に記録できずに、5時きっかりには仕事終了…。
はつりからタイル貼りまでプロは早いな。
d0155148_200973.jpg
ところで、タイルを選んで下さった社長さん…、色は合っているけど、壁とテイスト違い過ぎじゃないかしら?
単体で見ると良くても…ね(笑)

まっ、ある意味エコハウス(=残材利用)…なのかしら。


※今日は小さな余震が多い一日、乾燥する月曜まで大きな地震がありませんように!
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-16 20:28 | つくる

サバイバル


震災から一ヶ月…未だ余震続きの毎日で、我が家では陶器など棚に戻せずにおります。
(なんというか…油断したら大きい揺れが来そうで…)
色即是空、空即是色、形あるモノで無くならないものなど無いのにね、煩悩だらけで往生際が悪いです。

さて、旦那さんは何をしているのかと言いますと。
d0155148_15122640.jpg
昨年より夫が密かに温めてきた、春になったらやりたかった計画のひとつ。

その、何というか…はい、つまり『車中泊』の準備なのです(泣笑〜!)

わたしの事をご存知の方なら「あり得ない」事だと思うでしょう。
わたしも昨年夫が『車中泊←しかも軽で』を口にするようになった時「どうしよう…」と思いました。
どこまで行く(野生に近づく)んだ…と。

しかし、たった一度の人生、やりもしないで否定するのではなく、体験しようじゃないか!と
夫と結婚して以来、わたしの人生には起こり得ないことが沢山起こっているわけです(苦笑)
d0155148_15283149.jpg
おじいさんの家を作るために3×6尺パネル(910㎜×1820㎜)を積めるように買った車。
当然、身の丈6尺の夫も入るわけで(笑)そんなわけでこんなプランが閃いたようなのです(苦笑)

我が儘なわたし対策として、ちゃんと眠れるようにスタイロフォームの2枚重ねで対応します。
そして試し寝…夫曰く「寝れる!」そうです。
d0155148_15365155.jpg
そんなこんなで、準備完了!わたしも寝てみることに。

う〜〜ん、ちょっとまだ硬いかな…。
実はこのあと、写真はありませんが、ジャストサイズのフカフカのマットを見つけ、快適な寝床に仕上がってしまいました。(快適ってことは、出来るってことで…怖いです;爆)

あ〜っ、わたしはどこまでサバイバルな人間になっていくのだ?
d0155148_1544168.jpg
こんな時の夫は本当に嬉しそうで、それでもって寝そべって見る車中からの眺めが本当にいい…。

こうやってどんどん予想しない方向に行くのだな、
いつか根無し草のような生活をするようになったりするのかな?
でも、それこそが煩悩のない生活だったりするのかも知れないな。

※真面目な話し、車中泊の要領を得たら、ボランティアにも行けるといいなって、思っています。
 余震でお家の改装(特にコンクリ)が難しい状態になっていることもあるので、ささやかな目標です。

[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-13 16:37 | つくる

いっぽ


今朝、心がほんのりと温かくなる出来事があり、小雨でも憂鬱には感じません。
久しぶりに気分転換にドライブ(…といっても隣町まで)に行ってきました。

お気に入りの川縁でご飯を食べたあと、夫がウトウトしていたのでわたしは車を降りて散策。
d0155148_21333146.jpg
時折、犬のお散歩に訪れる人がいる以外は、しんと静まりかえった散歩道。
これまでの事がまるで嘘のように感じられるほど、何もなかったかのような静けさ。

震災以来、寒の戻りで草木は眠ったままです。

振り払うように、『春』を探すわたしの視線は徐所にマクロ化し、ピントも合ってくると…。
d0155148_21424358.jpg
ほらっ、『ばっけ(蕗)の花』あるじゃないですか!
でも蕾みはもはやどこにも見当たらず…
このポッカリ空いた数日間、『ばっけ』の旬を忘れていた事に申し訳なくなってしまいました。

そして、しゃがんで地面を眺めると、さらに沢山の野草が目に入ってきました。
d0155148_21532941.jpg
遠くから見れば緑の絨毯ですが、ひとつひとつが個性を持って生きているんだなって…
そんなこと、わかっていても胸がジーンとします。

わたしもせっかく生かされている命を前向きに生きなくちゃって思います。

追伸:ブログを作成中にRちゃんより、ちゅらさんのTさんに男の子が生まれたとの素敵な報告をいただきました。
   おめでとう!Tさん。不安もあったでしょうが、がんばりましたね !!
   そしてありがとう、Rちゃん!今日は朝からほっとする1日が送れましたよ♪

[PR]
by hinabitanabihi | 2011-04-09 22:22 |
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite