ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅雨の花


春になると「面白いな」と思うこと。それは、何もない土だけの地面から、続々と多年草の植物が季節に合わせて姿をあらわすところでしょうか…。
そんな花の姿を見て「そうだった、そういえば、ここに去年も咲いていたよね」と思い出し、もうその季節がやって来たのかと、去年はあんなことをやっていたな…などとしみじみします。
桜などと違って一度姿を消してしまうので、記憶も薄れてしまうのです。

雨の日にぴったりのこの花も、やはりそんな時を感じる風景のひとつ。
d0155148_17232100.jpg
近所のお寺の近くに咲いているアヤメです。

どんよりした曇り空に、眼の覚めるような発色でスッとまっすぐに伸びている佇まいは、日本的で惚れ惚れするほど美しいです。
d0155148_17282953.jpg
尾形光琳の屏風絵は燕子花(カキツバタ)ですが、
このアヤメの背景にも金箔を置いたら見事でしょうね…。
雨に濡れると青(紫)が一層深くなって…、雨の日にも、なかなか良い点はありますね。

この花を見て、去年、そして今年、何を思ったかは秘密ですが(笑)
こんな風にふっと記憶を引出してくれるのも、花の良いところなんだろうな…と、思います。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-30 17:46 | 風景

ていねいに


1週間遅れの「おじいさんの家」進捗情報です。
d0155148_14141558.jpg
前回の基礎断熱部分の続きです。
「絵」的には進行しているように見えないところが残念ですが、これでも進んでいます。
でも強いて言うなら、今回は前回に比べると作業が丁寧な気が…(笑)発掘作業のように土を除去。
d0155148_1420531.jpg
途中まで掘り進むと「これ以上進むのは強度的に危ない」と、夫が地面と既存基礎の状況で判断し、コンクリートを流し入れることになりました。
お〜っ、ここでも仕事が綺麗です!
d0155148_14235167.jpg
材料はビニール袋入り(20kg/袋)を使っています。
以前はトラックでまとまった量を発注していたのですが、交通量の多い道にトラックを横付けにして材料を階段下までおろし、さらに土嚢袋に移し替えたり…と、何かと手間がかかるため、単価が上がっても袋詰めの方が効率が良いのです。

敷地内に車が入れれば良いのでしょうが、出来ないところが…ちょっと痛いです。
d0155148_14313975.jpg
コンクリートを流し込み…。

当分はこの作業の繰り返しです。
これが終わると、次は断熱材を入れたり、防水シートを張ったり、その上からコンクリートを打ったり…(汗)まだまだ先は長いのです。
なんせ、基礎と骨組み以外はほとんど作り替えるのですから(遠い目〜)

最近の夫は朝から晩まで仕事が忙しく、休みもここしばらくは日曜だけなのに、こんなに忙しくして身体は持つのかな?なんて、心配になったりしますが、逆に「時間を有効に使おう!」という気持ちになるようで、気持ちがやる気になると身体もついてくるみたいです。
d0155148_14401754.jpg
まぁ、キリの良いところで作業を終えたら、ジム+温泉+ビールなのです(爆)

早朝から寝るまで、日曜は盛り沢山なので、わたしは今日はのんびりさせていただいてま〜す。
(ゴメンナサイ…)
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-28 15:10 | つくる

週末は雨


週末以外は晴天のここ最近の北東北。

何故に週末に限って雨…?とは思うものの、
しっとり濡れた若葉から溢れ出る空気は、スッとして心地よいものです。
d0155148_2112412.jpg
来週はずっと雨または曇り空の予報…。

梅雨入りはもうそこまで来ているのかしら?
この涼しい空気ともそろそろお別れなんですね…春は来たばかりだと思っていたのに。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-27 21:07 | 風景

冬眠明け?


※カエルのお話し&写真なので、カエルが苦手な方は<続きを読む>はクリックしないでくださいね。

我が家の玄関にあるハンギングの丸鉢にはワイヤープランツが植えてあるのだけれど、極寒のこの地では冬を越す事が出来なかったとみえて、春になっても新芽の出る気配がなかったのです。
枯れた植木鉢が玄関にあるのはあまり体裁の良いものとは思えないけど、どうしても踏ん切りがつかず処分出来ないでいました。

何故なら…

続きを読む(カエル嫌いは進まないように))
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-25 21:01 | 日々

元気です


少し更新が滞りましたが元気です。

ここ最近、ぐんぐん気温も上がり、ちょっとボ〜ッとしてしまいます。
冬眠から目覚めた動物ってもしかしたらこんな気分なのかも知れないな…なんて、思います(笑)
d0155148_18484667.jpg

朝夕は寒くてストーブをつける時もありますが、日中は爽やかで、このギャップが心地よい毎日です。
こんな日は仕事を休んで木陰でハンモックでも…な気分だなぁ、と、思いながらも忙しくしています。

北東北の、わたしの一番好きな季節♪なのです。
(あっ、秋ヴァージョンももちろん好きですよ)
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-24 19:03 | 風景

気分転換


職場のFさんに誘われて、生まれてはじめて陶芸に挑戦することになりました。

Fさんは出身地が母と同じで、従姉妹のお姉さん的な、一緒にいてほっとする居心地の良い人です。
今回も「気分転換にどう?」と、まるで妹を気使うような心配りで誘って下さって、わたしも何となくやってみる気になりました。

夜の養護学校の工芸棟は『ものづくり』のにおいがして、先生方も温和でこれまた居心地良く、生徒さんもおじいさんから若いママまで…実に様々(笑)とても自由な雰囲気です。
そんな中、念願の『ろくろ』を使って制作させていただきました。
(ろくろの作品の写真はありません…後のお楽しみ)

ろくろは初めてですが、難しい下準備は先生が整えて下さるので勘違いするほど上手く出来ました。
(初めてにしては!…ですよ;汗)
どっぷりハマって、とてもリフレッシュ!

そんな楽しい陶芸教室も2回目。
今回はローラーを使うために、下準備を家でコソコソ…。
型抜きにするので厚紙で型を作りました。もう、この段階で疲れています(苦笑)
d0155148_17162215.jpg
これは何かというと、ろくろで作った持ち手無しカップを乗せるトレー兼、菓子置きなのです(笑)
はじめはカルダーみたいな変形トレーをイメージしましたが、釉薬がどうなるか想像もつかないので、釉薬映えしそうな正円も準備して…。

どうなったかというと。
d0155148_17223282.jpg
柔らかい状態ではこれが精一杯(泣〜)
次回はもう釉薬なので、手直しが出来ず「トホホ…」なのです。
でも、隣の生徒さんに「“小人さん”が夜中に降りて来て、いい感じに直してくれる」と、こっそり教えてもらってひと安心。
(ついつい、先生達を見てしまうのだけれど、働きものの“小人さん”がいるのだそうです)

本当は全部自分でやりたいくらいハマっているけれど、それはそれで、良しとしました。
焼くと歪んでしまう可能性もあるらしいけど、それももちろん楽しみましょう。
d0155148_17285523.jpg
次回は来月。釉薬について難しいと聞いたので少し勉強しとこっかな♪

無心に手を動かすって楽しいかも…。Fさんに感謝なのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-19 18:08 | つくる

ことしの庭は


川辺でランチを済ませたら、「おじいさんの家」の改装工事の再開なのです。
d0155148_16214380.jpg
前回の土間部、断熱基礎の続きは夫に任せて、天気が良いのでわたしは外で庭いじり。
d0155148_16233315.jpg
今年は何故かラベンダーが気分なのです。
d0155148_16243657.jpg
ちょっと『奥さま』っぽいかしらと、夫に見てもらったら「うん…」と静かに頷かれ…。
まっ、いいのです!めげてはいけません。
d0155148_16272918.jpg
それから、伸び放題の雑草の処理をしました。(雑草の逞しさには毎度恐れ入るのです)
今年は新たな試みで、全てを抜かず、好きな野草は残し、それから、家の工事に集中するために、思い切って一部の庭はマルチングする事にしました。
(住み始めてからでも庭はいじれますから、ガマン、ガマン)

…?作業中、なんとなく視線を感じると。
d0155148_16361032.jpg
「わたしも、抜かれますか?」とばかりに陰から様子を窺うタンポポを発見。(気のせい?;苦笑)
「抜きませんから!」というか、タンポポも、ヨモギも、泣きたいくらい根が深いので、とりあえず放置させていただきます。

さて、庭も小規模になったし、今年は『家づくり』に集中する…ぞ!
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-17 16:56 | つくる

どこまでも


金曜日から日曜にかけて黄砂と雨で車は大変な事に…。

日曜日の朝はさらに陽射しが強かったので『おじいさんの家』の工事は夫にまかせて、わたしは焦るように洗車場にいきました。
我が家の大事な1号車(ラヒちゃん)から始まり、こっそり増えてる2号車(台ちゃん)まで…。
2台終わる頃にはお腹ペコペコ!帰りに夫を迎えに行って、そのまま川辺でランチをいただきました。
d0155148_15264051.jpg
今回、初お目見えする2号車、通称:台ちゃん(←軽自動車)は、街乗り車ではありますが、通勤はもとより、この広い岩手県をドライブする為に長距離(燃費)&高速道仕様!という役割を担うコでもあったのです。
(1号車のラヒちゃんは3ATなので、高速を走らせるのはちょっと可哀相で…)

実は昨年から、今年の夏は、夫が幼少時代を過ごした風光明媚な三陸の海辺の町を訪ね歩く計画を温めていたのです。(その夢は津波でしばらくの間お預けになりましたけどね)

そのためにも合理的に高速を使って旅しようと考えるわたしに反し、夫は「車中泊でゆっくりまわるのがいいんだよ」…と、のんびり派(苦笑)

ふと頭の中に、『鳴かぬなら鳴くまで待とう、ホトトギス』という句が浮かびました(笑)
ということは、『鳴かぬなら鳴かせてみせよう、ホトトギス』はぢぶんなのでしょうか?
いずれにせよ、『鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギス』でなくて良かった…。

まだまだ先の事になりそうですが、珍道中ができる日を夢見て、いっ歩いっ歩。
d0155148_1683254.jpg
さっ、今日は戻って『おじいさんの家』を進めることにしましょう。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-16 16:43 | 風景

3匹のこぶた


車中泊をした日の早朝、まだちょっと瞼の重いわたしを目覚めさせたのが
東和町(とうわちょう)のレトロ商店街を通過時に見た、この商店街のシンボルとも言える『旧岩手銀行』の取り壊し風景でした。
d0155148_11331743.jpg
「あっ、今の旧銀行だったところじゃない?」
「えっ、まさか、そんな筈無いよ」
確かめる為に戻った私たちは言葉を失いました。

老朽化による取り壊しか、地震による被害での取り壊しかは確認できませんが、
今回の地震の揺れで、この辺りではほとんどの『蔵』に土壁がくずれ落ちる被害が見受けられたので、レンガ造りもまた、地震による被害が出たのかも知れません。

この銀行、小さくてかわいい、大正〜昭和の香りのする建物でした。
d0155148_1144327.jpg
秋のクラフト祭りではコンサート会場になったりと、地元の人の愛する建物だったと思います。
d0155148_11464215.jpg
なんとなく教会っぽくも、学校っぽくもあるこの雰囲気が好きだったのです。
もっときちんと手入れしてあげれば良いのにな…。
(おや、この段階で既にコーナーにヒビが入っている様子;汗)

イギリスのお話し『3匹のこぶた』では、木のお家はすぐに吹き飛ばされてしまいましたが、地震の多い日本での、今回のような揺れ方においては、木造の方が効力を発揮できたようです。
(RCや鉄骨造ももちろん大丈夫でしたよ。構造にもよるけれど…)
今後もますます研究が進み、住宅は安全に進化していくのでしょうね。

ところで…。
d0155148_120853.jpg
朝の6時なんですけど、もう開店しているお店が…。

悲しみも吹き飛びます。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-14 12:36 | 風景

おにぎりと卵焼き


最近の我が家のお昼は『おにぎり』と『卵焼き』が固定で、あとは茹でた季節の野菜とチーズなど…。
GW中も『おじいさんの家』の改装工事に出る時は、夫が先に家を出て、わたしはいつものお弁当をこさえてから合流していました。
d0155148_17274926.jpg
おにぎりの具は、わたし→梅干し×1個。夫→梅干し+鮭×各1個。

梅干しは実家の母が毎年庭で穫れた梅で作ってくれるものです。
こればかりは母のものと決めています。

とか言いながら…じつは、数年前まで紀州の梅干しが一番だと思っていました。
ところが、健康な母が入院したときに一変しました。
帰宅した実家を整理中、床下で誰にも手をつけられず眠っている梅干しを発見したのです。
なんだか切なくなり、ひと粒口にしてみると、驚いたことに昔の塩辛かった母の梅干しは、
いつのまにか改良されてマイルドになっていました。
「ごめんなさい」…という気持ちで一杯で、次から次へとやさしい味の梅干しを頬張りました。
間もなく母は元気に退院しましたが、あの時以来、梅干しは母のものが一番になったのです。
今でも梅干しを食べる度に、あの時の気持ちを思い出し、健康である事に感謝します。

今年は原発事故の影響もあるので、梅干しが作れるのかどうか?
カリウムをいっぱい含む梅の実だけに、もしかすると庭の梅では無理かも知れませんね…。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-05-12 18:46 | つくる
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite