ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

たろし滝


この川の向こうに、たろし滝という冬になると大きな氷柱が出来る窟があり、
その年の作柄を占うのだそうです。
d0155148_19274444.jpg
まだ震災前ではあったものの、今年の作柄は『良い』という事だったようなのです。

ちなみに…今年も前半が終わりますが、
今年前半の岩手のお野菜は、昨年に比べるとよく出来ていると思います。

アスパラも本当に甘くて、色が濃くて美味しく、アスパラはかなり食べました。
そして今はブロッコリーが旬です。
d0155148_19334199.jpg
色の薄いものを選んでしまいましたが、とても大きく、これで150円!
新鮮で、美味しかった〜っ。

大家さんの畑も昨年に比べてスクスク育っています。
d0155148_193634.jpg
先日、春菊のやわらかいところを大家さんより頂きました。
やわらかい芽はやはりサラダでしょう!ということで、生で美味しくいただきました。
昨年は暑過ぎて気温が夜になっても下がらない日が連日のように続いたことから、害虫の発生に泣きましたが、今年は朝夕の気温が20度前後なので、幾分過ごしやすく、害虫は鳥が食べてくれます。

あとはこれからの雨の状況次第ですが、
先日のように果実が落ちてしまう事の無いように祈るばかりなのです。

そして、全国的に暑い日が続いているというニュースは心配で、気温差の少ない高温地域の方にはくれぐれも無理なさらないよう、まめに水分補給をして養生して欲しいと思います。

今年後半は穏やかな天気となりますように…!
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-30 19:48 | 日々

土曜日午後


久しぶり(GW以来)に土曜日休みとなった夫。
あ〜、長かった、連休が来るのをどれだけ待ったか…。

こんな時は、無理に詰め込まず、のんびりするのが一番なのです。
とは言え、5時半には目が覚めちゃう夫…、習慣とは恐ろしいものです。
d0155148_16542231.jpg
りんごの実もそれらしい形になってきました。

がっ、、、。
d0155148_16554445.jpg
観測史上最大の雨量/24h(6月)となってしまった日から一夜あけると、畑には沢山のリンゴが…。
d0155148_16574459.jpg
あ〜っ、落下(泣)。

九州地方での連日、大雨、土砂災害のニュースが耳に届いていたので、東北も洩れなく雨量は多いと覚悟していましたが、農家さんの気持ちを思うと、やりきれないのです。

この小さい実で果実酒とか漬けられないのかしら?(香りはするもの)

トホホな気分と青空の爽快さという、相反する気持ちを抱きながら、いつものランチスポットへ。
d0155148_1715566.jpg
またかココですかと、声が聞こえそうですが、ココです。
風の通り抜ける、木陰の気持ちよいココです。
でもいつもと今日は違って水位が…。
だいぶ水は引けましたが、それでもかなりの雨量です。
d0155148_1744613.jpg
こんなところで、飯を食うのかと言われると微妙ですが、
空がきれいなのでここで市販のお弁当(450円)を食らいます。(魚の上の漬け物は夫の分…)
今日はわたしも、家事をさぼります!のんびりさせていただきます(笑)

ちなみに、お弁当っていつからこんなに安くなったのでしょう。
このお店の弁当は味が濃く見えますが、薄味でとても美味しいので気に入っています。
バブルの頃(古い?)だったら確実に800〜900円すると思われるものが、今や450円。
時代は変わったのです。
d0155148_1784745.jpg
それにしても、凄い轟音です。
北上川は、滔々と水が流れるので、普段は川を流れる音はしないのです。
今年は地球は暴れる気、やる気?!満々なんでしょうか?
d0155148_17173291.jpg
しばしマッタりしていると、夫がアオダイショウを発見しました。

そう言えば、ここも随分と鬱蒼としてきました。
夏に向って、だんだんとランチできる場所も減って行くのだと思うと、少し寂しいのでした。

※今回はただダラダラと書いてしまいました。たまには、そんな日もあるのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-28 17:25 | 日々

祝!世界遺産登録


平泉が世界遺産に登録されました。

嬉しい、、、嬉しい、すごく嬉しいです。
d0155148_1859528.jpg
平泉に行ったのは小学校の夏休みでした。
歴史好きの父が是非にと立ち寄ったその風景は
後になって行った京都の平等院や金閣寺、銀閣寺と同じくらい鮮明に憶えています。

数年前に見送られた時は無理なんじゃないだろうか?と割とクールに受け止めていたけれど
今年になっての登録は胸が熱くなるものがあります。

歴史的建造物も重要ですが、その背景にある、
東北という、西日本とは違う別の文化や民族性を世界に知ってもらう機会にもなると思います。
震災に遭って、様々なメディアで被災者のそれぞれが映し出されるようになり、普通の東北人の声が全国に届けられるようになったキッカケは負であれ、良い面もあると思います。
わたしは、東京の生活で忘れていたことを、こちらの生活で取り戻したことが多々あります。
勿論大変な状況ですから負の面も多いですが、皆さんに良い面も感じて貰えれば…と思います。


写真は「一里塚」です。
奥州藤原氏が日本で最初に作った一里塚のひとつ、この塚、珍しい「桜の木」です。
この一里塚が未だ大切に残っているあたりは、東北らしいような…?

実はこの一里塚、写真ではわからないと思いますが、
神々しい、何か不思議なものが宿っている気配があるのです。
この塚を大切にして来た古の人々の信仰につながる何かが残っているのでしょうか?

当時と変わらない風景を見て、平泉へと続くこの道に思いを馳せたりして…(笑)
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-26 19:58 | 風景

無事です(6/23)


久しぶりに『緊急地震速報』と『津波警報』が発令されましたね。

岩手県の内陸は震源地より北上山地をひとつ隔てているのでヨコ揺れだけで影響はありませんでした。
ご心配をお掛けしましたが、ご安心ください。
d0155148_21453121.jpg
写真は先週の日曜日に夫が「いいところを見つけた」と、連れて行ってくれた金ヶ崎の牧場です。
d0155148_21492959.jpg
金ヶ崎は前沢牛などで有名な奥州市の北に位置しており、酪農に適した風土のようです。
日曜日は基本的には放牧はお休み?な様子で、この日も牛は見掛けませんでした。
小岩井農場でおなじみの雫石も休日は牛舎に入っているので、きっとそうなのでしょう。
d0155148_2153717.jpg
それにしても、こんな豊かな大地で育つ牛がうらやましい…。
(食べる事はこの際、考えない事にします)

雫石のなだらかな丘陵も良いけれど、金ヶ崎のアップダウンの激しいこの地形も好きです。
流石、我が旦那様!こんな気持ちの良いところを見つけてくれてありがとう。
d0155148_2157540.jpg
余震の不安がなければ皆に来て欲しいくらい岩手は良いところなのに、なんだか残念…。
良い場所を見つけては、ここは○○ちゃんが喜びそう…などと考え、少し寂しい気分になります。

地球よ〜っ、う〜っ、、。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-23 22:20 | 日々

ケロ便り(笑)


最近は「いるかな?」「…どうかな?」と日々の楽しみになっている我が家の居候、カエルのケロ。
気ままに出掛けては2〜3日すると玄関先のプランターに戻ってくるという生活。

カエルに家なんてあるのか?とも思うのだけれど、ケロは必ず帰って来るのです。
帰って来て数日過ごすと、雨の匂いを嗅ぎ付けてまた出掛けて行く…。
疲れ果ててぐっすり眠っていたり、隙だらけだったり、汚れていたりと兎に角可愛い…。
出掛ける時はたいてい夜で、そんな時のケロの目は半開きの目()から
パッチリな(●)目に変わって、まるでカエルみたいなのです(…って、カエルなんですけどね)。

まぁ…、ちょっと今までにない領域に踏み込んでいるので、興味のある方にだけケロの近況を(爆)

近況です(カエル嫌いはクリックしないように)
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-21 20:16 | 日々

音の風景


早池峰山(はやちねさん)を車で通過中、夫がそっと車を泊めました。
d0155148_2145880.jpg
それから、車の窓を全開にしてしばし沈黙…。

冷たい空気とともに、ブナの森の音、沢の音、そこに生きる生き物の音、風の音…。
それらがシンクロしつつ、響き合って、それはそれは美しい調和のとれた音が、揺らぎが生まれます。

まるで、身体が浄化されていくような、心地よい響きです。
d0155148_2150917.jpg
そう言えば『おじいさんの家』の改装工事をする時はいつもラジオをかけていて、
その時のラジオ番組のひとつに音の風景という番組があるのを思い出しました。
長寿番組だから、耳にしたことがある方も多いかも知れませんね。

はじめは…ただ『音の風景』だな…。なんて、そのまま聴いていました。
しかしながら、聴けば聴くほど奥深く、最近では温度や季節や、時間といった肌に感じる空気まで包括する風景が浮かぶようになりました。侮れないな…。

その甲斐あってか、何度か訪れているこの森も、心無しか違って感じられるようになりました。
それにしても『聴く』行為には心の余裕や気持ちまでも反映されるから奥が深い…。

スーッと…、深呼吸。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-20 22:45 | 風景

未知の世界


陶芸教室(全3回)最終日は釉薬かけなのです。
d0155148_1643619.jpg
窯の中にまだ作品が入っているとのことで、取り出すところから始めました。
この可愛い小屋の中に窯がありますが、全てが初体験でドキドキします。
モノづくりの匂いがする空間はやっぱり好きだな…と、涙が出そうなくらい感激です。
d0155148_1646207.jpg
こちらが小屋の内部にある手作りの窯です。

先生曰く、震災でヒビが入ったところを直してから初めての火入れで不安だったそうですが、
温度も良い具合に上がり大きな地震もなく、みんなの作品が無事でホッとしていました。
(3月11日の地震で生徒さんの作品が割れてしまい、先生方は落ち込んでいたのです)
d0155148_16511994.jpg
みんなの作品です。
わたしのろくろで作ったカップはいちばん下の左はじにあります(照れ…)。
三者三様で面白いです。養護学校の生徒さんの作品もあります。

そして、一番わからない『釉薬かけ』…。

色々イメージしたものの、実際に欲しい色がなかったり、土の焼きしめの色までは考えもおよばず、
ゼロからのイメージの構築に、正直「諦めた」感が…。

でもここまでやって諦めるのも嫌だし、葛藤しながらも居残りしてやってみました。
d0155148_1711619.jpg
う〜〜〜ん、、、。ぼってり、、、。

希望は1色!でも…思った色がなく、今回は2色で…。う〜〜〜ん、、、。
モヤモヤするなぁ、、、。
d0155148_1732516.jpg
この焼き上がりは9月!
まだまだ先ですが、そわそわしながら気長に待ちたいと思います。

※ろくろのデビュー作↑(笑)
 作った順に(時計回り)小鉢→カップ(そばちょこになった)→カップ(ビアグラスと言われた)
 →カップ(最後にやっと理想の形になった)
d0155148_1716199.jpg

次回の教室は秋だそう、
今度は釉薬もリクエストできるそうなのです♪

結果はどうあれ、何かを夢中でつくるって、つくっている時って幸せですね…。
はぁ…、緊張が解けて疲れが出ましたが、たのしかったなぁ〜。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-17 17:37 | つくる

初夏の風景


雨上がりの、涼しい風が心地よい午後。
湿度もなく、空もやさしいブルー。
d0155148_18332100.jpg
ニセアカシアの香り。
d0155148_1841499.jpg
トビが輪を描く下には、悠々とカヤックを漕ぐ男性。
d0155148_1851348.jpg
夫の叩くパンデイロ(タンバリンに似たブラジルの楽器)の革も雨上がりでほどよい張り具合のよう…。

昨年は短い春のあと、いきなり蒸す真夏日〜猛暑日になってしまったけれど
今年は気持ち良い春〜そして爽やかな初夏を味わう事が出来ています。
「ここに来て良かった…」そう思える季節がようやく巡ってきました。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-15 18:16 | 風景

木の香


昨日切り落とした山椒の枝で『すりこぎ』をつくることにしました。
d0155148_21494053.jpg
今まで知りませんでしたが、山椒の木に付いたアブラムシの駆除で調べていたところ脱線し、山椒の枝には解毒の作用があるので『すりこぎ』に使用すると良い事を知りました。

今回、ほどよい太さの幹を切り落とすことになったので、試しにひとつ作ってみることにしました。
d0155148_2154413.jpg
カッターで切れるか心配でしたが、思ったよりも素直な木で、わたしにも出来ます(笑)

切りくずから山椒の爽やかな香りが漂い、サクサクと気分良く作業に更けます…。
『プチプチ』の止まらなくなる時の感覚と似て、作業中は頭の中が『無』に近い状態になるようです。
d0155148_2201671.jpg
夫が帰宅後は夫が没頭(笑)

「ねっ、止まらなくなるでしょう?」
「………(集中)」
「あ……」

まっ、気持ちはよくわかります。

そんなわけで、あっという間に完成です!
d0155148_2222864.jpg
グリップ感がちょうど良く、使いやすそうです。
解毒作用があるならこれからの季節は大活躍間違い無し!ですね。
d0155148_2252032.jpg
このカクカクした面取りの木肌がお気に入りですが、使っているうちに丸くなるのもまた楽しみ。

アブラムシ駆除から脱線して『すりこぎ作り』へ…、こうやって自然と触れ合う中で、新しい発見に繋がる事がとても楽しく、田舎生活ならではだな…と、思います。
まだまだ学ぶ事がたくさんあるって幸せです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-13 22:22 | つくる

夕飯


夕陽が沈んだところで「今夜のごはん」について話し出すあたりは人間の性なのであります(苦笑)
d0155148_20194927.jpg
さっきまで、夕陽にうっとりしていた自分はどこへやら…。

しかし、夫が「食欲がない」と、疲労からくる食欲不振な様子。
どうしちゃったんだろう〜、滅多にない事だけに心配になってきます。
こんな時こそ食べた方が良いのだけれど、さてどうしたものか…。

で、閃きました!
食欲がないときでも食べられる『冷麺』!!盛岡には『盛岡冷麺』というご当地麺があるのです。
d0155148_2004135.jpg
盛岡冷麺は盛楼閣(せいろうかく)が好き派ですが、久しぶりにぴょんぴょん舎へ。

本店は初めてでしたが、内装は手作り感があって、なかなか居心地が良いのです。
人気店だけあって賑やかで、こういう雰囲気だけでも食欲って出て来ますよね。

お味も暑い夏日にはぴったりの爽やかなのどごしとコク…。
夫もスルスル食べられるみたい(ほっ…)
d0155148_20101536.jpg
この日まで復興応援キャンペーンで冷麺がワンコインで供されていました。
そんな嬉しいキャンペーンでお肉も…ふふふっ。(ビールが飲みたい!)

なんだかんだと沢山食べることが出来て、ひと安心。
頑張っているから天からのご褒美があったのかな…?

あっ?でもわたしは?…てへへっ、便乗なのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-06-10 20:27 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite