ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

やっぱり、玉乗せでしょう


食欲の秋です。

先日、ほこりをかぶった箱が変な所から出て来たので開けてみました。
するとびっくり!中に入っていたのは昨年末ごろに、夫が引き当てた景品だったのです。
d0155148_1722261.jpg
そうだった!忘れていました、どんぶりを頂いたのでした。

これを見て牛丼を食べたくなったあなたは、かなりの『通』かも。
d0155148_1723452.jpg
これでどうでしょう?
d0155148_17241784.jpg
えっ?まだ食べたくなりませんか?
d0155148_17245658.jpg
ふふっ♪これでどうでしょう、吉野家で頂きました。

昨年、牛丼(牛鍋丼)にハマった時期があり
誰かに見られたら恥ずかしいような気もしたけれど、誘惑に負けて通っていました(笑)

そう言えば、今年はまだ一度もいっていないなぁ…。

このどんぶりを見たら急に食べたくなりました。
牛鍋丼に玉を乗っけてね♪
まだあるのかなぁ、牛鍋丼。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-29 17:34 | 日々

冬も安心


これまで夏山で美味しい湧き水や峠のお水を調達していまいたが、そろそろ山も冬期閉鎖。
いちど舌が肥えてしまうと、元にもどす?のは大変!
もはや市販のミネラルウォーターでも満足できなくなっています。

冬場はどうやって凌ごうか思っていた矢先に、割と近場に良い湧水を発見したのです。
d0155148_20545641.jpg
↑こちらです。
3月の震災以来、湧水量が減ったので大切に分け合いましょうと看板にありましたが
なかなかどうして、あっと言う間にタンクは水でいっぱい!

ところで先日、10ℓのタンクを6〜8コ?汲んでいるおじさんを見掛けました。
割と良く見かける『汲み溜め』ですが、これだけの量をみんな何に使うのか?疑問だったので
今回、意を決して「1週間分ですか?」と、尋ねたところ「1ヶ月分」との返事が…!

1ヶ月!そう思うと決して多くはない量か…と妙に納得するも
水って1ヶ月も保つのか?と新たな疑問も。
まぁ、湧かしたりしているのかな?
どうなんでしょう…。

ところで、この水汲み場付近に、おいしい野菜のカレーが食べられるお店を発見しました。
d0155148_2191986.jpg
お店からの景色はこんな感じ↑。(食べるのに夢中で料理の写真はありません)
果樹園や農村を眺めながら食べるあつあつの『野菜カレー』や『農家のピザ』は新鮮そのもの!

美味しいものって、人を幸せにしますね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-28 21:25 | 日々

癒し系?


めっきり寒くなって来ましたね。
d0155148_2192575.jpg
先日、車の中から台風で氾濫した北上川を写真に撮ろうとしたら、ゾウムシくんが…。

「お〜っ、これは養老 孟司先生の大好きなゾウムシ!」

何故に、養老先生がゾウムシを好きなのか好奇の眼でじ〜〜〜っと観察してみたところ、
先生の好きな理由はさておき、動きに愛嬌があって可愛いではありませんか♪
のんびりしていると言うか、癒し系?

1枚ガラスを経ていると、普段虫には近寄れないのにそれが出来るから不思議です。

そういう事って、身の回りには結構ありますよね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-27 21:29 |

パワー全開


秋晴れ。
d0155148_20215843.jpg
三連休の最終日は快晴!気持ちよく遊んできました♪
昨日の草刈りで筋肉痛になるかと思いきや、むしろ運動後の爽快感すら感じられる今日の体調。
天気が良いって、この年になると重要ですね。
d0155148_20284295.jpg
今日は盛岡に来ています。

あえて盛岡郊外に車を置いて、てくてくと市内をめざしました。
東京では歩くのが当たり前だったのに、田舎の車生活ですっかり歩かなくなった身体を鍛えます。
d0155148_20312835.jpg
写真は静かに感じられるかもしれませんが、ただいま爆音が轟いております。

人影少ない盛岡城跡公園は、今日は大勢の人で賑わっています。
何故かというと…。
d0155148_2034835.jpg
年に一度の野外フェス『いしがき MUSIC FESTIVAL』というイベントがあるからなのです。

でも正直、知っているバンドはふたつ、みっつ?
予想通りみんな若い、若い。

ただいま某バンドがデス調のノリでもって反体制状態、捲し立てています。
そんな若さがなつかしく、楽しくもあり。
d0155148_20393443.jpg
地獄の底から込み上げるような轟音ドラムとがなり声を石垣に腰をおろしながら聞いていると
程なくフィナーレ♪

反体制で無法者度をアピールしていたわりに最後には「ありがとう!!」と絶叫するあたりが可愛くて
思わず吹き出してしまいました。

楽しいけれど、私たちは若くはないようで、
駅前でやっていたシックなジャズ系が恋しくなったのでした。
d0155148_20491067.jpg
目的はフェスだったけれど長居せず、秋晴れの下、夫とのんびり盛岡をお散歩したのでした。

※雫石川は台風でまだ水かさが増したままです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-25 20:52 |

成果!


「ぜー、はーっ、」
「ぜー」
d0155148_19593492.jpg
山となった雑草の袋詰め作業終了!
d0155148_201112.jpg
一番大きいサイズのゴミ袋にして18袋、過去最高ではないけれど、終わって良かった。

堆肥にするという案もあるけれど、畑を本格的にやるのはまだ随分と先なのでまずは廃棄。
それにしてもピン杭の穴はわずか3〜5ミリ程度だというのにその穴からこれだけの量がでるとは…。
でも、これで終わりではないのです(泣)
種が飛び散ってからの草刈りなので、来年はその種が芽を出す事に…!

あ〜っ、自然をナメてはいけないのでした。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-24 20:12 | 日々

返ってくるんだな


台風一過とは言え、晴れたり雨が降ったりの秋分の日。
休日温泉ライフですっかりご無沙汰だった「おじいさんの家」へ…。
d0155148_2053545.jpg
『ぎゃっふん!』とはまさにこのこと。
d0155148_20543471.jpg
何もなければ山へ栗拾いにでも行こうかと思ってたけど、これじゃ行けません。

かぼちゃはひと苗なのに縦横無尽に10メートル以上伸びていて、
雑草はマルチングしたにも関わらずシートを固定する金物の穴から四方八方伸び放題。
極めつけは各種イモ虫、毛虫がいるわいるわ(号泣〜〜〜っ)

愕然としながらもこれまで楽しんだ分のツケを払う今日1日、いや、明日も…。

手入れされていない庭というのは、なんとも不気味な感じなのです。
家は夫がこつこつ進めているので台風でもびくともしないけど、庭は…お化けが出そう。
いや、お化けも寄り付かなさそう。

ごめんよ〜〜っと、お家に?語りかけながら
堅く丈夫になった雑草に泣かされつつ、ゼロから出直しの秋分の日だったのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-23 21:12 | 日々

秋の味覚


台風の暴風域に入った模様で、帰り道、横風を受けて思い切りハンドルを取られました(汗)
怖いのは雨だけじゃないのね…と、慎重に帰って参りました。
d0155148_2162510.jpg
ところで、今年は果物や木の実が大豊作なようで、こと栗は大粒なのです。
新しい職場は堅いところなのですが、そこは田舎♪上司が栗をおすそ分けしてくれました。
大きく甘い栗はホクホクしていてそれはもう、美味しいのなんの。
取りきれない栗が車に踏まれ、ぼろぼろになっているらしいのです!(勿体無〜い!)

この後、ついに点けてしまったエアコン(暖房)によってぬくぬくになったお部屋で
Fさんに頂いた山形の梨をいただいて秋の味覚を満喫♪
(外はものすごい雨の音)
最高気温も16度の北東北は冬に向っているようです。

台風、大丈夫かな…。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-21 21:20 |

ご対面♪


初めて陶芸体験をしてから早4ヶ月。

あの時、釉薬を掛けた処女作達はどうなったのかと、心の片隅にありました。
そして、一昨日から始まった第2回陶芸講座で焼き上がったうつわ達と再会したのです(笑)。
d0155148_1243236.jpg
どっ、どうかしら?!

色は↓が近いです。
d0155148_1255085.jpg
正直、こうなったのかぁ…という第一印象でした。

生徒さんや先生に褒められつつも、正直我が家には『渋すぎる…』と、複雑な思いなのです。
イメージはもっとポップというか、もっと軽い感じが良かったのです。
これはかなり重い…なぁ。

もちろん、土の色も釉薬の色も限られており、渋い路線になることはわかっていましたが(う〜ん)
偶然性に助けられたようにも思うけれど(う〜〜ん)

予想以上に読めない難しさに、楽しみを見いだしつつも、モヤモヤ感が(苦笑)
d0155148_12114242.jpg
でも、もっとモヤモヤしていたのは先生方で、地震で壊れた窯を補修したことで気密性が高まり、少し高温になったことにより釉薬によっては焦げてしまったものもあったようで、スッキリしない様子でした。
(↑親指の第一関節のあたりがそうみたいです。もう少し桃色系になる予定でした。)
そのこだわりに助けられいる部分が大きく、本当に頭が下がります。

それでも、初めてにしては癖になりそうな仕上がり。(先生方に感謝♪)
陶芸って奥が深くて難しいのですね。
d0155148_12271371.jpg
わたしの中では、試しにろくろで作った練習用のこのコが一番のお気に入り。
飽きない形や色って重要かも…。
我が家のオリエンタル?!コーナーに収めました。

ちなみに、2回目の講座初日では『手びねり』(左下)に挑戦しましたが、厚ぼったい感じが出てしまうので個人的テーマが『薄く・軽く』のわたしは2日目にろくろ(右下)へ戻しました。
d0155148_1230443.jpg
しかしながら前回と異なり、今回のろくろは難しかったのです。
前回の形は作りやすく失敗もなかったけれど、今回の形は何度も失敗をしました。
出来ないと俄然やる気が出る性分のわたし、思ったような形にはなりませんでしたが、楽しさは前回の倍ぐらいだったような。

仕事が忙しく、もう次は無理だな…と思いつつも、来年の春は何を作ろうかと考えているのでした。

釉薬は来月!「ターコイズ」をリクエストしましたが、どうなることやら…。
それはそれで楽しみなのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-15 13:22 | つくる

やっぱり夏の湯っこだったのです


土曜日におまつりに参加して頑張ったものだからあちこちがイタイです…。
神輿を担いだ肩は内出血で紫色だし、背の高い夫の足はスクワット後の筋肉痛状態。

そんなわけで、日曜の午後は温泉療養に出掛ける事にしたのです(爆)。
夫の足はひどく痛そうなので、行き帰りの運転はめずらしくわたしが担当することになりました。
d0155148_15273075.jpg
では、行き先をどこにするかという話しですが、
「おいしい水のある温泉」はハズせないし、今しかない冬には閉じてしまう温泉というのも重要…。

そうこう考えて、わたしにも運転して行けるレベルとなると…ココかな?と。
d0155148_15314898.jpg
ラジウム温泉「滝狭荘」なのです。

今年2度目ですが、前回に訪れた時は登山客で混雑し、のんびり出来なかった事もあり、
再度の訪問は願ったり叶ったり!
d0155148_15363668.jpg
この日は台風後の影響もあり(?)辺境の地は人も少なく貸切状態だったのです。

昨年初めて訪れたとき、ラジウム温泉ならではの疲れが抜ける感に感動しましたが、
やはりこちらの温泉は何かが違う感じがします。
d0155148_15403498.jpg
放射能の事について、いまひとつ理解できていませんが
湯上がりに感じる身体の軽さは、この『ラジウムの湯』は群を抜いていると個人的に思います。

かくして貸切とは申し訳ないほど、この日もの〜んびりさせていただきました。

お土産にしっかりお水も頂きました。
(もちろん、宿の主の了承を得ていますよ)
d0155148_1614132.jpg
ぶなの木には水を浄化する作用があるらしいですね。
滝狭荘の湧水は少しとろっとして、独特ののどごしです。
先週の秋田駒ヶ岳に近いこともあり、水質が似ているような気がします。とても美味しいです。

おいしいお水のある生活は贅沢だな…と、思います。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-13 16:56 | 日々

山が呼んでいる


「山が呼んでいる」と言ったのはアルプスの少女ハイジですが(えっ?知りませんか;苦笑)
今週末はお祭りがあって遠出できないのです。
平日が忙しいと何もない山(もしくは海)へ行きたくなるこの頃ですが、我慢なのです。

そんな訳で、アルバムを見ながら山にいるような気分を…。
d0155148_20415061.jpg
そう言えば、いつも遠出の前乗りで出て来るこちらの公園、毎回、霧がかっていますが…。
d0155148_20425948.jpg
ふふっ。
d0155148_20432751.jpg
前回の大深温泉の旅では見事なまでに晴れ渡り、この通りなのです!
いつも下からは見えない岩手山の貴重な写真をアップするのを忘れていました。
d0155148_20472589.jpg
しかも芝が朝露が光りに照らされて眩しいのです。
d0155148_2048773.jpg
ビーチサンダルだったわたしの足は朝露でダラダラで、
スニーカーを履いていた夫の足はとんでもなくズブズブになっていました。

お陰で今回も登山(トレッキング系)はできませんでした。

あ〜っ、秋が、冬がそこまで来ているのですね。
d0155148_2050128.jpg
そう思うと一層強く「山が呼んでいる」ような気がするこの頃なのです。

でもね、祭りも大切よね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-09-09 20:59 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite