ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

至福とは…♪


最近、携帯の電気が勝手に落ちたり…(充電中とかに)、昨日送信されたメールが今日のメールと電話の着信なんかと一緒に突然何件か入って来たり…、マシントラブルなのか、回線のトラブルなのか?両方なのか?どちらでもないのか?何だかよくわからない事が続いています。

さて、日曜日のおはなし。

「美味しいものがたべた〜〜〜い」
「でも、美味しいものがどこにもな〜〜〜い」
と、嘆いていた我が家ですが、やっとお気に入りのお店(カフェ)を見つけました。
d0155148_20221042.jpg
夫がパスタの平麺が食べたいと言っていたのでわたしも生パスタが食べたくなり、
ふらっと入ったお店だったのですが、店員さんの雰囲気がとても良いのです。
お店はしっかり掃除してあるし、店員さんは素直で可愛いし、
エスプレッソマシーンも良いものだったし、ケーキもシンプルでなかなか良い風貌。
料理のバリエーションも多く、割とオーソドックス!

平麺には渡蟹のトマトソース…と思ったのですが、わたしはゴルゴンゾーラのソースにしました。
夫にはラグーにして欲しかった(もしくは渡蟹)のですが、何故か滅多に食べないカルボ!何故に…。
d0155148_20312617.jpg
「いただきま〜す」↑写真は撮影用に夫側にゴルゴンが行っています。

それにしても久しぶりに脳内に至福のホルモンが流れました(爆)
どれだけご無沙汰していたでしょう。
美味しいものは人を幸せにする…って、間違いじゃなかったんだわっ、と、心で泣きました。
(悲しいかな自分の料理だと客観的で、気持ちが冷めてしまって駄目なんです)

リピできるお店♪やっと見つけました〜〜〜〜っ!!
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-28 20:42 | 日々

何ですか~っ!!


怒!!怒怒っ。
d0155148_1484568.jpg
…というよりも、ショック。

朝6時位から降り始めた雪。
あまりレンズに収まらない舞落ちる雪がこんなに写るほど降っています。
d0155148_14103820.jpg
↑あっという間(2時間)に20〜30センチ。
『もっつもっつ』なのです(←雪がズンズン降る時にこの辺の人が表現する言葉)

水分を含んでいる雪は雪かきが半端なく大変!
滑らないし、雪に食い込むからママダンプがみぞおちに刺さる刺さる。

はぁ〜っ、まだまだ止みそうにありません(汗)
どのタイミングで雪かきしようかな…。

はぁっ。(←溜息)
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-25 14:20 | 風景

2℃でも幸せ


雪が融ける…。
みるみる融ける…。
d0155148_20503254.jpg
陽射しが強くなってきたお陰で、お陽様を浴びているとぽかぽかと心地よいです。
2月も後半の2℃は温かくて、生きてる…血が通っている感じがします。

あともう少し!春が恋しい♪…と、思っていたら何度かくしゃみがでました。

花粉かぁ…。

それでも、春を感じるんだな。
よしよし。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-24 20:55 | 風景

犬の運転手さん


夫が帰って来るなり携帯の写真データを開き出し
「これは、何かあるな?」と思っていると、そこに映し出されたのはワンコの運転手さん(笑)
d0155148_20444596.jpg
ソフトフォーカスがかかっているのは、夫の携帯のレンズには細かな傷が沢山ついているため。

う〜〜っ、可愛いのです。
以前一度だけ見かけたことのあるゴールデン、脇目も振らずおじいさんの帰りをお行儀良く待っている姿が印象的で、心に残っていました。(しかも軽トラ♪)
この姿を再び見ることが出来た夫がうらやまし〜のです(羨望…)

しかも、夫が熱い視線を送ったらしく、それに気付いているではありませんか。
d0155148_20503438.jpg
ワンコ「…何か?」

いいなぁ…。
可愛いなぁ…。

やっぱり今の生活には犬が足りないのです。
早くワンコのいる生活がしたいなぁ…と、ブログを通して夫にアピールなのです(笑)

<追記2/23>
 このワンコの乗った軽トラには『防犯パトロール中』と書かれたシールが貼ってあったんだとか。
 ププッ♪こんな可愛いパトロール隊がいっぱいいたら楽しいだろうな…。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-22 20:54 | 風景

雪質


パウダースノーから粒の大きい水分を含んだザラザラした雪に変わって来ました。
d0155148_19234811.jpg
あと2週間から3週間の我慢かな…。

あ〜〜〜〜っ、降り積もる雪も、さすがに満腹状態…。
春が恋しいこの頃です。

八幡平で緑の風に吹かれたい。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-19 19:28 |

そう言えば


美味しい食べ物にありつけなかった時、やや気持ちがもや〜んっとしませんか?
少しさかのぼってしまうけれど先週末、そんな事がありました。
(写真はお店とは関係ありませんよ)
d0155148_21504525.jpg
それは、金曜のお昼から始まったのでした。

「カツ丼のうまい店が職場エリアにある」と、だいぶ前に聞いた事があり、密かにアンテナを立て、
ここかな?と思うお店を絞り込みました。
のれんに名前もなく、小さく、バラック…それは、紛れもなくそのお店で、知る人ぞ知る店でした。
そんな裏も取れたところで、職場女子4名で目指したところ『休業』。

金曜なのに…。

その後、何を食べても心は満たされませんでした。

土曜日、夫と建築家の菊竹氏の回顧展をみに盛岡へ行きました。
d0155148_2202454.jpg
途中、気になっていた70年代後半を彷彿させるインテリアのイタリアンでランチをすることに。

インテリアはなんとも懐かしい、バブル期に見掛けた感じ。
(↑写真は回顧展会場の休憩スペース)
味は期待はしなかったけれど、パスタとスープとサラダと飲み物のつくセットにしました。
スープとサラダと空いたお皿が乗ったトレーを持って来た店員が「あちらでお好きなものを」と言っていなくなり、見てみるとサラダバーがあるではないですか!!

「えっ?この(あらかじめ盛られた)サラダは…」
まっ、聞いても仕方ないので、良く解らないままサラダの上にサラダを盛って(笑)席に戻りました。
変だな…と思いながらも、客はひっきりなし、大繁盛です。
繁盛している店というのは良いものです。

しかし、届いたパスタをひとくち食べた瞬間、口の中のものを皿へ戻したくなりました…。
そんな衝動ははじめてです(苦笑)
わたしはあまり期待しないとき、パスタはカルボナーラを頼む事にしています。
どうやったって、ハズレがないからです。
でも、このカルボ…バニラビーンズみたいな香料のカオリがします。
麺もサラダのマカロニ級の柔らかさ…。

はぁ…。

そういえば、このお店…若い人がいない。
インテリアだけでなく、客層も時間が止まったままのイタリアンレストランなのでした。
d0155148_22121743.jpg
菊竹氏の建築展がなかったら立ち直れないほどでした。

そして日曜日のお昼、気を取り直し、十割そばを食べに行きました。
前からどうかな?と気になっていたお店で今回が初めてです。
店に入った瞬間、嫌な予感はしましたが、出て来たそばは、八割もなく、五割といったところ…。

二度あることは、ほんとうに三度あるのですね。
なんとも悲しいランチ三連続でした〜。

今週末は是非美味しいものを食べたいものです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-17 22:19 | 日々

バレンタインでした


朝のニュースで14日がバレンタインデーだと気付き冷や汗…。

都会にいると販促などあの手この手の戦略で、街中キラキラしてるから忘れたくても忘れられないのに
田舎はあまりそういった打ち出しはやらないため、割と思い出してもすぐ忘れてしまうのです。

いやぁ…職場に行き難かったですよ(笑)
朝一番で「お世話になっています」と上司に渡す女子がいるとドキドキものでした。
キーボードを打つ音がいつになく大きくなるような感じでした。

そんな夕方のスーパーで、我が夫(&自分用でもある)にザッハトルテとか、オペラとかのチョコケーキでも買って帰ろうとケーキ屋さんへ行くことを予定していたにもかかわらず、スーパーのレジにいる時にはそんな事など忘れ、ドラッグストアの買い物の事で頭はいっぱいになっていました。
d0155148_20461594.jpg
それから夫が義理チョコを持って帰って来るまですっかり忘れていた自分…。
(↑写真はボケていたので敢えてクラッと来た感じに加工しました)

バレンタインに随分とキラメキを感じなくなっているのでした。
d0155148_20482725.jpg
これって、年齢のせい?
フレッシュ期間は過ぎてしまったのかしら?

そうこう言いながら、ちゃっかりピンクの熊をいただきましたよ(汗)
ごちそうさまでした。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-16 20:55 | 日々

私たちの色


iphotoで写真を整理していると、一巡したあとに古いデータが出て来る時があって
懐かしさに駆られて時々眺めたりします。

特に、夫が凝りに凝って作ったこれまでの内装の写真は思い出深く、色々な事が思い出されます。
d0155148_18554069.jpg
玄関を入って開口から中を覗いた図。

この間仕切りも夫の手作り(笑)
d0155148_18572492.jpg
2003年頃の写真だから家電はかなり懐かしい感じですが、居心地良かったわたしのスペース。
d0155148_18584999.jpg
業務用のストイックなキッチンに当時は憧れていたけれど、白いタイルと白いコーリアンのキッチンはお料理がおいしく見えて、キッチンに立つのが楽しかったのです。
d0155148_1902873.jpg
力作の本棚…。
ここから次のマンションへ引っ越す時、部屋から出せず、半分に切らなければならなかった時は泣いたけれど、次のマンションでは腰の高さの飾り棚として、そして今はまた重ねて使っています。
d0155148_1963631.jpg
この本棚は背景に優しい色がついていて、ただ花を置いただけでも絵になっていました。
空間そのものが、どんな植物を置いても映えていました。
d0155148_19878.jpg
トイレも、これは2度目のリニュですが、可愛かったのです。
手前の壁の箱はトイレットペーパーが入っています。
d0155148_19111576.jpg
寝室の壁は夫の調合。
この色が大好きでした。
d0155148_19132341.jpg
何気ない料理を置いても美味しそうに見えて、よく色々な料理を作りました。
お客様を招くのが楽しかったです。

今は住まいに手を加える暇があれば、「おじいさんの家」を作った方が良いということで昭和な借家に家具を置いているだけですが、こうやって振り返ると懐かしく、早く私たちらしい暮らしを始めたいな…と、改めて思いました。

家具と家はやはり別物で、苦戦はしているし、まして夫は骨折のため現在療養中。
こころの中のイメージを絶やさず、焦らずじっくり直して進んで行けたらいいなぁ…と思います。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-12 19:27 | 日々

いよいよ本格的な寒さが


現在の借家が北国にも関わらず『寒冷地仕様ではない!』ことは、ご存知な方も多いかと思います。

寒がりな我々もそなれりに工夫して、2度目の冬からは防寒対策をとり、3度目に至ってはぐっと暖かな冬を過ごせるようになってきたのです。
たとえば、窓は熱を一番通しやすい(逃がしやすい)場所なので断熱のパネルで夜は塞ぐわけです。
それだけで暖房の効率が上がり、かなり快適♪

それでも「寒い」と感じる朝、断熱のパネルを外すと案の定…。
d0155148_2172229.jpg
厚みのある氷が窓に張ってる訳で…結局、見なかった事にしてパネルを戻します。

まさに寒さのピークとも言える忍耐の時期到来。
足首が折れそうな毎日ですが、あと少しです!!

※そういえば最近、カタカタと揺れる、とても小さな地震を(ときどきですが)感じます。
 気のせいなら良いのだけれど、なんだか地面が少しずつズレているみたいで気持ち悪いというか、怖いです。
 (考え過ぎだと思いますけどね;笑)←心配性。

[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-10 21:30 |


夕方から仕事の入っている夫と隣町で解散し、
なんとなく流れで、電車に乗って帰ることにしました。
d0155148_21284470.jpg
在来線でたったふた駅ですが、電車に乗るのは久しぶりでした。
ホーム待合室での女子高生の会話、甘い飴の匂い、ひとりメールを打つ男子高生。
温かいお茶をすする旅人。

他人の何気ない日常を感じながら電車を待つのは悪くないな…と、懐かしさを憶えます。

ほどなく電車がやって来て
充分に暖房の効いた電車に揺られ、真っ白に染まった景色を眺めながら、何も考えずぼ〜っと。
ひたすらぼ〜っとしながら、もうしばらくこのまま電車に乗っていたい欲求に駆られましたが
ふた駅の旅はあっけなく終了。

ふた駅とは言え、いろいろなものが詰まった、ちょっと心地よい旅でした…。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-02-06 21:51 | 風景
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite