ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

タグ:温泉 ( 44 ) タグの人気記事

走馬灯のように


急げば5月に引っ越しが出来たのに、どうしても行きたい場所があり、ここまで長引いてしまいました。

それは夏しか行けない『温泉』…。
笑われても、理解されなくても、我が家にとってはとても大切なものなのです。
楽しいときも、つらい時も、温泉がありました。

多くの温泉の中でも、ここは行きたい!と思う温泉が6月からとなれば、「もう少し待ってから引っ越しを…」という気持ちにもなるものです。

そこで、『夏限定の温泉の〆』に向ったのです。
d0155148_20111922.jpg
しかし、思うようには行かないのが人生。

入り口へ到着すると、看板がありません。

そして悲しいかな、今年の大雪でダメージを受けた建物が目に入りました。
張り紙には6月の中旬と書いてありましたが、この様子ではもうしばらく時間が必要かも…。

残念ですが、あのような姿を見てしまっては仕方ありません。
時間が掛かっても営業を再開してくれれば…。
ファンとしては、祈るような気持ちです。

その温泉は八幡平のアスピーテライン沿いからすぐのところにあるので、気持ちを切り換えて、もうひとつの目的地、玉川温泉へ。

玉川温泉の泉質は希少です。
最後になるかも知れないと思い、のんびりしてきました。


何度も通った八幡平の樹海ラインや、アスピーテライン。

例年なら残雪も少なくなっているところですが、今年は随分と雪が残っています。
気温も随分低くなったかと思えば、朝は車に暖房を、昼は冷房、午後は送風〜暖房といったように、一日のなかで大きく変動します。

天気も晴れのち曇りのち雨のち曇り…(笑)
山の天気です。

クマに会えるかな?という微かな希望も、これではまだまだ無理だな…と、諦めモードでした。

しかしながら、コロコロ変わる天気と温度に、1年間の出来事が走馬灯のように甦り、妙に納得するドライブとなったのでした。
d0155148_20352654.jpg
※6:00a.m.定点観測
d0155148_20361940.jpg
※7:00a.m.今年は雪が多かった
d0155148_20385034.jpg
7:20a.m.松尾八幡平より秋田方面
d0155148_20393386.jpg
11:00a.m.玉川温泉後、大沼で休憩
d0155148_20405977.jpg
14:00下山

このような残雪の多い八幡平は初めてでした。
自然に「いつもの」という考え方は当てはまらないのでしょうが、少しでも穏やかであるといいな…と、思わずにはいられないのでした。

「またいつか…」こころの中で、お別れしました。
[PR]
by hinabitanabihi | 2013-06-07 20:52 | 風景

思い出


引っ越しの日が迫って来ていることをリアルに感じるこのごろ。
d0155148_2052777.jpg
こちらの友人、知り合いに、別れのあいさつをしたり、段ボールだらけの部屋だったり、納まりどころの判らない荷物がガチャガチャと部屋に散乱する感じも、まさに引っ越し終盤の感じなのです。

『温泉おさめ』も始めています。

写真は鉛温泉の『藤三旅館』。

一番最初に入った(泊まった)のがこちらの旅館でした。
まだ東京に住んでいて、山手線の、JRのポスターを見て決めた温泉でした。
この旅館で初めて、鄙びた時間の良さというものを認識したように思います。

ここから始まった北東北生活…。

厳しい寒さを耐え抜いて、今まさに、心地よい季節が到来しています。
この季節の中、ここを去るのは、良い印象しか残らず、非常にマズいのです(笑)!
そのくらい、身も心もほぐれる「最高の北東北の春」まっただ中なのです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2013-05-26 21:20 | 風景

もし温泉がなかったら…


ここ最近の寒波は心が折れそうになる程容赦ないのです。

今朝は運転に不安なんて感じた事はないと、豪語していた23歳の女性スタッフがはじめて「死ぬかと思いました」と弱音を吐き、震えていました。
遅刻魔の彼女は、あまり車間距離を取らずにいつも飛ばしているのですが、目の前の車が180度スピンしたのだとか…。
ブレーキが踏める状況ではなかったので、思わずハンドルを切ってその場をどうにかクリアしたかと思ったら、対向車線には、天地逆さの車が止まっていて、巻き込まれた車が路傍の除雪だまりに頭から突っ込むところを見たのだとか…。

そんな話しをすると、割と皆過去の怖い話しをし出すので、ますます怖くなるわけなのです。

今夜は−6度と冷え込みも厳しく、こんな日に限って仕事で24時帰宅予定の夫を待つ身としては、無事に帰って来るまでは、寝るに寝られない状況なのです。


うーっ、、、、楽しい事を考えよう。
d0155148_2110018.jpg
では、日曜日のおはなし。

無事に奥羽山脈を越えて、秋田県入りした我が家はお気に入りの「駒ヶ岳温泉」を目指しました。
d0155148_2112568.jpg
分岐点の看板を曲がると真っ白なつづら道。
d0155148_211258100.jpg
この道に入るとテンションが一気に上がります!
d0155148_2114399.jpg
駒ヶ岳温泉の良いところは兎に角、お湯がじんわり効いてくるところ。

以前は立ち寄り湯は内風呂のみでしたが、新たに出来たお風呂が露天も付いているのです。
比較的熱めなお湯に、冷たい空気と雪景色はず〜〜っと入っていられる心地よさが…。

それでかどうか知りませんが、この日は駐車場はフルだったのです!

いつもほぼ貸切りでしたが、口コミってやつなのでしょうか?
凄かったのです。

やっと車を止めて、かまくらの中の水神様へご挨拶。
d0155148_21185965.jpg
こういう、自然に感謝する文化っていいですよね。
日本人で良かったと思う瞬間です。

このあと、温泉で身も心も温まりました(ほっ)

こんな風に、温泉があればこそ出来る北東北での生活。
これが無くなったら我が家はどうなってしまうのでしょう。
[PR]
by hinabitanabihi | 2013-02-21 21:26 | 日々

そこまでして…


お正月休みは、まったくと言っていい程、家のお風呂には入らず、毎日温泉三昧と相成りました。
12月に入り、2日に1度は台温泉通いの我が家。
贅沢にも飽き?というか、大好きな温泉でもさすがに距離を取りたくなってくるのです。

かといって、お正月の降雪にこの気温…遠出しようにも危険です。

土曜日に、一度は引き返した我が家でしたが、どうしてもいつもと違う温泉がよく、結局日曜日にノロノロ運転で、網張にある温泉へ向ったのです。
d0155148_21412654.jpg
国道もところどころツルツル。

重心が上の我が家の車は雪道に弄ばれ、泣きそうになりながら温泉へ辿り着けば、猛地吹雪。
かっこいい程の荒れ具合なのです。
d0155148_21443499.jpg
砂漠を連想する自然の造形に感動しながらも、心臓はどきどき…。

自然ってすごいです。
d0155148_2147067.jpg
外の気温は−5度で、風速が15メーターとすれば、体感温度は−20度。
降りるのが怖くなる温度なのです。
d0155148_21485377.jpg
でも、吹雪もこれだけ前が見えればさほどではないでしょう。

そんなわけで、温泉に浸かってきました。

いつもより熱いお風呂に嬉しくなって、露天へ出てみればタオルは瞬間凍りました(笑)
ちなみに、すべらないように敷いてあるタオルはガチガチに凍り、足裏がへばりつきます(苦笑)
瞬間冷凍になる前に温泉に入りました。
こんな寒い日の熱い露天風呂ほど気持ち良いものはなく、大満足なのでした。

<おまけ>
帰りに、車内が温泉で温まった身体により結露したのでスクイージーをかけたところ…。
d0155148_2158810.jpg
結露どころが、すでに凍っていました。

外気が−10度より寒いってことですね。

でも、馬鹿と言われようが、温泉は最高でしたよ。
[PR]
by hinabitanabihi | 2013-01-07 22:03 | 日々

あけましておめでとうございます


2013年、明ける前までは実感もなかったのに、「紅白」を見たり、「笑ってはいけない」を、見ているうちに気分が変わり、ひと寝してみれば2013年にリセット完了!

恐ろしいです、年の変わり目をテレビで実感するだなんて。

そんな我が家のブログは2012年なのですが(苦笑)
d0155148_2119765.jpg
前回の続き…。

突然の閃きで訪ねた温泉旅館、それは青森県黒石市にある秘湯「青荷温泉」なのです。
d0155148_2120462.jpg
通称「ランプの宿」と呼ばれているこの宿は、館内の電灯は非常灯以外ありません。

通路も、客室も、風呂場も、全てランプの灯火だけで照らされいます。

ちなみに、客室の暗さは、蛍光灯の豆球程度の照度…。
「まぁ♪風流」と言いたいところですが、それはそれは心もとない照度なのです。
d0155148_21241886.jpg
来る途中に宿の情報はネットで仕入れたものの、携帯の充電をするコンセントが無いとは!
この時点でわたしの携帯の残量は30%…朝には携帯も息絶えました(涙)
昭和な人間ですが、現代的な生活を知らず知らずしていたみたいですね…。

そんなランプと月明かりだけが頼りの旅館、素敵と言えば素敵ですが、エジソンの開発した電気しか知らない者にとって、すぐには馴染めません。
特に、暗がりの食事は「暗闇レストラン」とも違う微妙さで、昔の人は凄いなと思いました。

…と、いうよりも、3.11の震災が無ければこの風流な宿の魅力を受け入れられたかも知れませんが、
自分にとっては暗がりの夜は3.11に結びついて、消しても消しても拭えないトラウマなのです。
それだけが残念…本当に素敵な宿だけに、順番が逆だったら良かったのにと思いました。
(もちろん、大人ですから、良い所をちゃんと見て、楽しみましたけどね)

翌朝、昨夜の暗がりでは判らなかったお宿の散策を。
d0155148_2136852.jpg
まだ僅かに充電が残っている夫のiPhoneを借りました。
ソフトフォーカスが(笑)かかっていますが、ちょっと訳アリで、眼をつぶってください。

ランプの小屋です。
d0155148_21382091.jpg
沢山の館内を照らすランプはピカピカに手入れされています。
こんな手間のかかる作業を、欠かさず行っているこの旅館に脱帽!

吊り橋。
d0155148_21403147.jpg
温泉は内湯や露天、離れを含めて全部で4か所。
この先にも瀧の見える(夏は蛍が舞う)温泉があります。

雪止めのない屋根。
d0155148_21421623.jpg
雪深い青森では、屋根の雪を敢えて止めないのだそうです。
氷と化した雪は落下時危険なので、早いうちに落としてしまう方が良いということらしいです。
旅館では、お湯を建物に沿わせて張り、落ちた雪を溶かしていました。

談話室。
d0155148_21455385.jpg
囲炉裏を囲んでお酒が飲めたみたいですが、我が家が到着した時、あまりにも暗くてその存在すら気付きませんでした。残念です。

ひと通り写真を撮り終え、売店の横で夫とコーヒーを…。

浴衣姿の常連さんのKさんと、スタッフのMさんの会話がなごやかで、楽しくて、また来たくなるような、妙な安心感がありました。
d0155148_21501022.jpg
ランプのある暮らしを送る人だからこその雰囲気が、漂っていました。

湯治旅館的で、夜「うるさいなぁ…」と、思ったものの、接した方々の人柄や、宿の醸し出す雰囲気が、震災のトラウマを乗り越えても、また来てもいいかなぁと気持ちを変化させてくれました。

行き当たりばったりの旅でしたが「休日」を実感した、リフレッシュ旅なのでした。
[PR]
by hinabitanabihi | 2013-01-05 22:04 | 日々

大晦日だというのに


29日から始まった短い冬休み…天気予報もグズグズだし、のんびり家で過ごすのかな?と、
イメージしていました。
d0155148_20594488.jpg

しかし、朝目覚めれば天気予報は外れ、気持ち良いくらいの晴天。
しかも暖かい…。
(朝と言っても、10時近くまで寝てました;苦笑)

道が凍っていないなら、どこか温泉へ宿泊したい気分の我が家(だって今年もがんばったもの…)
そこで、駄目モトで一度は泊まりたい宿へ電話すると「空室あり」ではないですか!!
あまりの嬉しさに、即決!!

しかし、雪深い山中にあるお宿へは直接車でいけません…。
唯一の送迎バスへ乗るには、17時まで岩手県から青森県は道の駅「虹の湖」へ行かねばなりません。
岩手県は日本で一番大きい県ですから、隣県でもグーグルで調べるとギリギリ…?!

そんなわけで、朝寝坊の我が家は急回転で旅の準備開始☆目指すは青森県なのです!
やはり、我が家は最後の最後まで何があるかわからない。
d0155148_2172717.jpg
高速は道が凍ってはいないものの、日影はやっぱり要注意。
それにしても、嘘のように暖かい日、そして、帰省ラッシュにも巻き込まれず順調です。

時間が決まっているというのは焦りますね…。
岩木山とりんごの木が見えて来た時に、ようやく余裕というものが出て来ました。
d0155148_21103274.jpg
あぁ、弘前…なんだかほっとします。

ほっとしたと同時に重要な事を忘れていた事に気付きました。
「年賀状」は「いつ書くのか」(苦笑)

だがしかしっ、時すでに遅しなのでした…汗。

本当に情けない話しです。
この場をお借りして、お詫びを申し上げます〜〜〜っ。
d0155148_21151637.jpg
午後4時25分「虹の湖」到着。
雪が1メートル近くも積もっている銀世界を見て、車で宿に行けない理由に納得。

しかもさらに20分、送迎バスで山奥の急勾配の危険な道を登っては下ったのです。
d0155148_21201519.jpg
そうしてアトラクション級にハラハラドキドキで辿り着いたお宿は…。

温かなランプの灯火が…う〜っ、風情あります。
来て良かった(泣)

さて、このお宿のはなしはちょっとやそっとじゃ語り尽くせません…。
そんなわけで、次回!

※いつもなら気にならない持ち越しも、年をまたぐとだらしなく感じてしまいますね(苦笑)
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-12-31 22:05 | 日々

今年最後の八幡平3


一週間?二週間遅れの八幡平ネタ最後です(苦笑)
d0155148_2144129.jpg
二週間前は、漆しか紅葉していませんでしたが、今、八幡平では紅葉のピークを迎えているようです。
今年は急に寒くなったこともあり、きっと紅葉も真っ赤で見事な事でしょう。

我が家は昨年、八幡平の頂上で、行楽渋滞に巻き込まれ、以来、ピークは避けるようになりました。

先週は岩手山に初冠雪が見られたようだし、いよいよ冬将軍到来です。

こうやってブログに八幡平が登場する事もしばらくなくなりそうです。
大好きな場所です。
d0155148_21501241.jpg
八幡平には数々の温泉がありますが、未だ火山活動が活発なのです。

↑は、泥火山です。
こうした泥火山は数えきれないほどあり、名の知れた大学の研究所や施設などがあります。
この火山の泥…美容にいいのかしら?町おこしに出来れば良いのに…。

そして、今年最後の大深温泉。
d0155148_21541179.jpg
このオンドル小屋も今年は最後です。

先日、温泉の効能では玉川温泉と書きましたが、心休まる温泉No.1はこちらです。
今年も何度お世話になったことか…。
d0155148_21582523.jpg
雪囲いは進んでいます。
来年は6月からだそうで、それまでしばらくお別れなのです。
d0155148_21593512.jpg
この大好きな、のんびり出来るテーブルもしばし…。

今年もありがとうございました。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-10-16 22:04 | 日々

今年のベスト オブ 温泉


さてさて、今年行った温泉で、我が家の…個人で?一番を決めようかと思うのです。

まだ残り数ヶ月もありますが、冬期閉鎖の温泉もボチボチ出てくるので、良いかなっ?と。
d0155148_21111910.jpg
とは言っても、どの温泉も魅力的で、何か切り口がないと選ぶ事はできず…。
d0155148_21135950.jpg
↑写真の滝狭荘も、ロケーションは最高だし、紅葉もまた一番との常連さん談。

そこで、今年選ぶのは、「ザ・湯力」にさせていただきます。

そして我が家が(わたしが?)選んだ一番「湯力」があると思った温泉は、玉川温泉なのでした。
d0155148_21174191.jpg
※道路のひび割れは、冬の道路の凍結によるものです。
d0155148_21243913.jpg
初めて行った時は、その強さに、後で皮膚が痒くなったらどうしようかと、さらっとしか浴びなかったのですが、その後、何も出なかったので、2度、3度とじっくり浸かるようになったのです。

本当に、すごいですよ、玉川温泉。

日本一酸が強く、ぬるっとするのですが、これは美容でいうところの、古い角質が融けた状態。
しかも、美容成分メタケイ酸も含まれているので、潤うわけなのです。

驚いたのは、打たせ湯で頭から湯を浴びた時に、髪の毛がツルツルになった事。
こんなにツルツルでいいのかと思う程、ツルツルツヤツヤ…。
しかも、頭皮もひと皮むけるわけで、湯治客の温泉と知れ渡っていますが、
実は美容にも良いのでは…と、思う次第であります。

そして、お湯から出た後は、ど〜っと疲れること。
帰りの階段がキツいキツい。
温泉には上がった後に元気になる温泉と、ダルくなる温泉がありますが、こちらは後者。
それだけ、強いのでしょうね。

ただし、ダルくなった後、横になり一眠りするとスッキリ!するのも特徴なのです。

眼に見えて効果がわかる温泉、それが今回一番にした理由かな。
玉川温泉は冬期閉鎖はしませんが、我が家からが遠いルートのため、今年最後になりました。

来年も、行きますよ〜。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-10-12 21:34 | 日々

夏の緑と秋の空


曇りの予想が見事に外れて、高く抜けた青空!
d0155148_19395447.jpg
この晩夏の、黒い葉っぱのグリーンは、こどもの頃から苦手としていた色。
どうにも調和しないのよね…。
ここに、この気持ちよいほどの青空が…これが初秋の空なのですが、どうもコントラストが激しくて、
寒いのは嫌だけど、この時ばかりは早く紅葉になって欲しいと思うのです。


さてさて、何やらお疲れモードの旦那さま「温泉も飽きたな」なんて、らしくない事を申すのです。

温泉に飽きる時が来るなんて考えられなかったのですが、こういう時も来るんだな…と思った次第。
でも、暑くて「おじいさんの家」の改築工事なんて自殺行為だし、温泉以外に思い当たらなく、
疲れた夫を乗せてハンドルを握り、目指したのはやっぱり温泉だったのです。
d0155148_19531580.jpg
本当は乳頭温泉の孫六温泉を目指しましたが、オットがビーサンであることに気付き、
トレッキングの要素がある孫六は無理だろうと(半袖で、虻も危険だし)手前の駒ヶ岳温泉へ変更!

丁度、別棟の試験運営をしていて、新しい温泉に入れる事になりました。
(写真奥)

カメラを持って行けば良かったと思うほどの露天のロケーション♪

また、お湯が本館とも違って綺麗な群青掛かった半透明色。
入っていて、疲れが抜けるようでした。

やっぱり温泉って、疲れが取れるし、リラックスするし、凄いと思います。

そんな湯上がり後の夫は、すっかり元気を取り戻した様子で(嬉)
帰りのハンドルをにぎってくれました。
d0155148_2005732.jpg
お陰で、滅多にお目にかかれない秋田駒ヶ岳の写真も撮る事ができました。

「温泉はもういいや」って、思わないでもらえたのが何より…ほっ。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-09-02 20:07 | 風景

晴天なり


おはようございます!
清々しく朝を迎えた日曜日、只今の時刻…4時26分。
d0155148_2054544.jpg
さんざん恨み節を吐き続けたことの影響か?
お天道様もあきれて?!週末は晴天にしてくれました♪
d0155148_20572516.jpg
この日は秋田八幡平、大沼でお目覚め…。

こんな時刻でも、湿地をトレッキングする姿がちらほら…凄い!
d0155148_20592140.jpg
ちなみに、昨夜から急激に温度が下がり、寒くて寝ていられないほど…。
なんでも12.5℃だったとか、そりゃ寒くて目も覚めますわ。

昨夜の大沼は霧に覆われ、視界は2〜3メートル。
山って知らないと危険です。
d0155148_2123956.jpg
ところで、前日の土曜日は夫が午後から時間が取れたので、
ちょっと無理してでも息抜きすることに。

連休がなかなか取れないこともあり、連休ともなればすっかり『遠出!』な発想なのです。
d0155148_2142341.jpg
まずは出来るだけ進みます。
↑でも、久しぶりに明るい時間に通ったので『焼走り』へ寄り道。

あくせくするのも何だからと、大好きな大深温泉で休憩(…って、ちっとも進まない)
d0155148_2175993.jpg
いやいや…。

これが、良いのです。
こののんびりした感じが(笑)
d0155148_2185955.jpg
山の上は、夏でも秋でもウグイスが絶えず鳴いています。

だいたい、3種類くらいの鳥が絶えずさえずっていて心地よいのです。
ウグイス、カッコウ、キビタキ…。
d0155148_21115673.jpg
ここは、何時来ても変わらず、やさしく迎えてくれる癒しの宿なのです。

ところで、今回は秋田県のとある地方をたずねるのが目的なのですが、道中、山から突然野ウサギが道路へとび出して来て爆走するのを見かけたり、八幡平でもテンがとび出してアスファルトを暴走したりと特別な日。
d0155148_2122722.jpg

なにやら、このままでは済まない予感が、否が応でもするのですが、その続きは次回へと…。

ーつづくー
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-07-23 21:28 | 風景
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite