ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

物物交換

先日、E子さんに鶏肉をいただいた件は既にアップしましたが、そんなモノとモノとの楽しい交換が仕事場では流行って?います。

う〜ん、はじめはいつだったんだろう、、。

確か、Fさん(ジュリエットビノシュ似♡)が故郷山形県産の新米をお裾分け下さったのが始まりかな?
Fさんとウチの母は出身が一緒なので、慣れない田舎生活を気遣ってFさんがお姉さんのように、山形の味をちょこちょこお裾分けして下さったのが、そう、始まりのように思います。

ちょうどその頃、我が故郷から梨や葡萄が届き、Fさん、E子さんにも味わってもらおうと持って行ったりしているうちに、今度はE子さんのご主人(江戸っ子)の実家の海苔や東京のお菓子などを頂くように…。
いつしか、昭和の匂いのする物物交換を、3人とも楽しむようになったのです。
d0155148_19543068.jpg

今日は、我が故郷より大きなキウイが沢山届いたので、ビタミンCを摂ってもらおうと持っていくと、Fさんから精米したてのお米と大根をいただきました(笑)。

「菜園で穫れた大根は小さいけど、煮ると柔らかくておいしいのよ」
「じゃ…、イカを買って帰ろうかな」
「あ〜、おいしいよね、イカ大根、、、ブリ、、、大根…。」
「あっ!ブリ大根いいかも…やっぱり、旬だしブリにしようかな」
「いいよね〜っ、ウチもそうしようかな!」

…と、こんな会話がまた楽しかったり。
E子さんも「何だかこういうの好き」と嬉しそうだし、昭和的コミュニケーションって心が温まります。
無理のない感じがいいのかも知れませんね。
[PR]
by hinabitanabihi | 2010-12-06 20:21 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite