ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

ハンス・コパー展

まだ東京にいた時に国立近代美術館で開催されていたルーシー・リー展が気になってはいたものの、バタバタして結局展覧会へは行かずに引っ越して来てしまい、それはそれは後悔しました。

そのルーシーの工房にいたハンス・コパーの展覧会が全国を巡回し、いよいよ岩手県にやって来たので、ルーシー・リー展の後悔を繰り返さないように岩手県立美術館へ訪ねて参りました。

d0155148_20564966.jpg

もう以前からこの↑チラシを見ていたので、入っていきなりこのポットが迎えてくれて気分は高揚!




d0155148_212337.jpg
大きな美術館の空間を陶芸で充実させることができるのか?
実は少し穿った見方をしていたのですが、大反省!!でした。
とても充実した展覧会なのです(垂涎)。

ロクロで作った形を繋ぎ合わせる手法から生み出される独特のフォルムは、『禅』の精神性と共通する静けさが漂い、手紙などからもその人柄が窺い知れて、作品とこの人は同じなんだな…などど、しばし感動で沈黙してしまいました。

しかもルーシー・リーの作品もあり「やっと見る事が出来た〜」と、思うと同時に「やっぱり彼女の展覧会に行けば良かった」と後悔の念がさらに倍にもなったのですが、形・質感・色味から醸し出される雰囲気はずっと見ていたい魅力がありました。
(ルーシー・リーのボタンとブローチもとても可愛かった…陶器のボタンって良いですね)
d0155148_21233417.jpg
心がジーンとする良いものを見た日は一日中幸せ。

今日はいつもより充実した日に感じます。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-01-08 21:29 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite