ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

山岳信仰


昨日のブログは、休日の話題からいつの間にか生き物の話題に軸がズレていて、結局よくわからない事になってしまいお恥ずかしいかぎり。
ブログは客観的になれるので『てにをは』がなぁ…など、文章力にがっかりすることも多いのです。

つまるところ、休日はどうだったの?って話しですが、ニワトリ以外は充実していました(苦笑)
d0155148_21154130.jpg
特に、ここ大迫の文化財センターはわたしのツボでした。
こちらの↑御方、ユネスコ世界無形文化財の早池峰神楽のひとつ、権化舞の権化さま?です。
早池峰神楽は奥が深く、様々な決まり事や名称があるのですが、正直詳しくありません。
ゆえに、正式名称などはわかりません、悪しからず。
d0155148_2118192.jpg
しかし、この愛嬌のある造形にはゆるキャラに通じる親しみを感じます。
東北には「なまはげ」など、わりと怖いようで怖くないボヘッとしたキャラが多いです。

こちらは神舞。
d0155148_21285640.jpg
これまた美しさのなかに可愛さが見え隠れする造形。
(“にわとり”もいます;苦笑)

部分的にアップ!
d0155148_21312770.jpg
図案がよく出来ています。
色も好きだなぁ…。

お面も沢山ありましたが、お気に入りはこちら!
d0155148_213663.jpg
ふふっ、お猿さんなのです。
この口…(ププッ!)アヒル口の女子も可愛いけれど、猿口も癒されます。

神聖な神楽を造形的にばかり捉えてはいけないのですが、この山岳信仰的な精神面と造形のギャップがミスマッチで、そこから生まれる独特のバランスが面白いなぁ…と、興味が尽きないのでした。

そんなわけで、ちょっと刺激を受けた休日のひとコマなのでした。

ところで女面、ほとんど美しい面がありませんでした。
d0155148_21454372.jpg
イタリア彫刻でも感じる事ですが
女性が美しく表現されない地域って基本男尊女卑的な風潮があるような?
そう思うのは、わたしだけかしら?
(あっ、毒吐いちゃった…反省)
味の在る表情を夫は「良いじゃない」と言っているので、これも愛情の造形…ってことで。
まっ、いっか。
[PR]
by hinabitanabihi | 2011-10-24 22:03 | 日々
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite