ひなびたびなひ

hinabitabi.exblog.jp ブログトップ

お天道様


GW後半は、実家への帰省を予定していたのですが、体調が悪く、キャンセルすることにしたのです。
それにしても後半は天気が悪く、ただでさえも体調が優れないというのに、テンションも↓
あ〜〜っ、せっかくの東北観光博も岩手デスティネーションキャンペーンも…これでは。

こりゃぁ…寝ていたら輪をかけてぐったりしそうだと思い、出掛ける事にしました。
行き先は、夫に任せ、助手席でボワ〜〜〜ンとしていました。

一関では北上川が氾濫。
記録的な降水量と聞いてはいましたが、道が水没!これほどとは…。
d0155148_1958052.jpg
予定していたルートを変更しました。
d0155148_2042986.jpg
北上川が決壊するなんて、信じられません。
土砂崩れに注意しなければ!
d0155148_2052189.jpg
そう思っていると、束の間の晴れ間…一体どうなっているのでしょう…。
本来はこんな青い空の爽やかな東北のGWが、お天道様〜!



そんなこんな?で、ぐったりしながら到着した先はザ・鳴子です。
d0155148_209033.jpg
津軽のこけしですっかり勢いづいた夫のセレクション。
d0155148_2092244.jpg
右を見ても左をみても『鳴子こけし』。
d0155148_20113717.jpg
こけし電話ボックス。
d0155148_2012404.jpg
こけしハンドル。

でも、すべて色あせているのが残念。
振り返ると、青森は元気が、やる気が感じられました。

正直、鳴子は、幼少時代に訪れた時から何も変わっていないような気がします。
d0155148_20154999.jpg
後継者もいなくなりそうで、寂しい限りです。
d0155148_20163387.jpg
新しいものが良いわけではありませんが、すべてが同じ様式に画一化されすぎる感はマイナスかな。

そういう意味では、津軽系はいくつかの様式があり、自由さもありました。
d0155148_20194334.jpg
日本こけし館でもやはり津軽系や土湯系が可愛く見えました。
伝統にも難しい面がありますね。

こけし熱が冷めそうな気がしたので、温泉で気分転換を。
d0155148_2029107.jpg
ところで、鳴子温泉郷は泉質が変わっていて種類も豊富!これは驚きでした。

我が家は泉質が変わっている滝の湯にお邪魔しました。
アルミニウムの含まれるお湯ってどんな味なのか興味津々ですが、超有名な温泉だけに、人で溢れんばかり!浸かるのが精一杯、身体を洗うどころではありません。(いいのか?)
源泉も舐めるには抵抗があり、今回は諦めました。

秘湯ばかり行っているせいか、観光客で溢れかえる温泉は落ち着かなくなってしまいました。
なんとなく、秘境の仙人度が高くなっている我が家なのです。

あっ、ちなみに、お湯は良かったです。
[PR]
by hinabitanabihi | 2012-05-06 20:43 | 風景
line

のんびり生活


by hinabitanabihi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite